記事一覧

両親の病気は私のせいでしょうか? ―魂のリプライ―

今回の『魂のリプライ』
ブログ読者の方からいただいた相談や質問に白石がお答えするコーナーです。

今日の相談はこの方です。

****************************

《相談内容》

はじめまして。Yと申します。
約一年前に白石先生のホームページを偶然見つけて、続編のホームページも拝見しています。

去年の12月の終わりくらいになぜかまた急に黒カルマが気になって、
先生のホームページを久しぶりに見に行ったところ、
別のホームページが立ち上がっていたので、とてもびっくりしました。

以前のホームページは実在する方?という感じがしましたが、今回のホームページはとても身近な感じがします。
私は人の出会いで人生が変わると思っていますが、白石先生のホームページとの出会いもそのひとつだと思っています。
これからも応援しております。

今回メールをしましたのは、現在の自分の家族の状況についてご相談したいと思ったためです。

私の母は、現在65歳ですが、2年くらい前に痴ほう症を発症し、専門病院に入院中です。

また、私の父は糖尿病を患っており、そのために脳梗塞、心筋梗塞等の大病に何度もかかり、そのたび手術をしています。
現在も糖尿病の検査のため10日くらい入院しています。
母は入院し、私は都内で独り暮らしをしているため、父はいま一人で生活している状態です。後遺症は片目を失明したのと足の痛みくらいで、
いまは父は一人でなんとかやっていますが、病院の先生曰く、血管がどこも細くなっているめ、
またいつ大病するかわからない状態ではあるようです。

両親と暮らしていたころ、私は父、母ともに好きではありませんでした。特に母には憎しみに似たものも感じていました。
私は現在独り暮らしをしており、両親とは離れているせいか、今はそういった感情はありませんが、
白石先生のホームページを見て、自分は実家にいたころ攻撃型黒カルマを両親に送っていたのではないか、
そのせいで今の両親が病気で苦しんでいるのではないか、と思うようになりました。

病気というのは原因があっての結果だと思います。白石先生は両親が病気になった原因を見ることはできるのでしょうか?
両親の病気は私が黒カルマを送ったせいなのでしょうか?また、もし送っていた場合、
黒カルマを送った私の方にも、送ったことによる影響というのはあるのでしょうか?

白石先生に何か少しでもアドバイスをいただければと思います。よろしくお願いいたします。

また、もし私が白石先生のブログの内容を理解していなくて、とんちんかんな質問でしたら大変申し訳ありません。

****************************


さて今回はご両親の病気についてのご相談です。

相談者のYさんは現在はひとり暮らし。
母親は痴呆症のため専門の病院に、父親は糖尿病により入退院を繰り返している状態です。

現在、家族がみなバラバラになってしまっていますが、そこにはそうならざる得なかった理由があるようですね。
これからそのあたりのところを、三人を遠隔リーディングしながら魂の目線で詳しく見ていきたいと思います。

まず相談者のYさんですが、魂の硬さで言うとやや硬めといわざる得ません。
性格的には温情に厚く、誰にでも面倒見のよい母性的な人ではあるのですが、自己防衛本能がつよい面がみられ、その意識が他人を心から受け入れられない、寄せ付けないような強さを醸し出しています。
他人に対してあまり媚びることもなさそうで、人によっては生意気だと誤解されやすい人生を歩んできたかもしれないですね。
常に気をつけていないと衝突しやすいタイプの魂だと思います。

黒カルマについてですが、遠隔視認では黒カルマは見えませんが、魂がそれなりに削れているようですので多少は飛ばしてしまっている可能性は否定できません。


次にお母様の魂をみてみます。

痴呆症というのはご存知のように脳の病気ですが、魂は肉体とは別物です。
肉体が病気だからといって、必ずしも魂も病んでいるとは言えません。

言えないのですが・・・お母様の場合は魂がかなりの硬さですね。
大きさや動きから察するに、若いときは相当、勝ち気な女性だったようで、このタイプの魂の持ち主は例外なく短気な人が多いです。

Yさんはお母様は特に馬が合わなかったようですが、これはある意味仕方なかったかもしれませんね。
細かいことでもガミガミと言うストレートなタイプの母親に対して、Yさんは自分の考えを曲げたくない頑固な面が見受けられます。
おそらく顔を合わせるたびにぶつかっていた時期があったかもしれません。

お父様はというと、かなりの気分やの方のようでマイペースな人です。
魂の硬さは年齢的には許容範囲だと思いますが、ちょっと動きがスロー過ぎますね。
これは肉体的な衰え、精神的な衰えからくる魂の鈍化でしょう。


三人の魂をそれぞれ見てみましたが、その上でYさんが懸念している黒カルマについてですが、これは多少なりとも悪影響を及ぼしてきたと考えるべきでしょうね。

家族間で通年的に恨みにまで発展するほど仲が良くない場合というのは、実は一番黒カルマを飛ばしやすい環境下なのです。

それは常に身近にいる事で直接的に魂がぶつかりやすく、近距離ゆえ削りカスが付着しやすい。
肉親関係は魂の質が似ていて、お互いに受け入れやすい。
遠慮のない関係。

こういった要素は家族という常にそばにいるからこその隠れた危険性です。

親子仲が悪い家庭というのは、だいたい子供は成人すると家を出ます。
単に口うるさい親から離れて自由になりたいという願いからの行動ですが、そこにはこれ以上一緒に過ごすことへの魂の警告という一面もあるのです。

ではYさんが気にしている黒カルマと病気の関係ですが、もちろんすべてではありませんが、これは大いに関係があるといえます。

『魂は生命が生命たるコアとなる部分であり、肉体や精神は魂を取り巻く一時的な付帯物に過ぎません。』

これは以前エントリした“魂と心の違い”のなかの一文です。
「魂」と「心や肉体」の関係を「運転手」と「自動車」に例えてお伝えしましたよね。

極端な魂の凝固化と痩せは、確実に肉体と精神のコントロールの制御を狂わせます。

  • -----------------------------------------------

病気というのは原因があっての結果だと思います。
白石先生は両親が病気になった原因を見ることはできるのでしょうか?
両親の病気は私が黒カルマを送ったせいなのでしょうか?
また、もし送っていた場合、黒カルマを送った私の方にも、送ったことによる影響というのはあるのでしょうか?

  • -----------------------------------------------

ご両親の病気がすべて親子仲の悪さから来たものとは言いませんが、まったく影響がなかったとは言い切れません。
少なからず影響はあったでしょう。
ただそれ以上に、特にお母様については元々の魂の状態が良好とは程遠いものであったことが一番大きな原因であったように思います。
Yさんが生まれる前から、それなりに魂をいじめてきてしまっていたのです。

お父様の病気に関しては、魂から読みとる限りでは黒カルマ原因というよりも、先天的な遺伝と生活上の問題から来ているもののようです。


以上がリーディング結果ですが、Yさんに今後の助言をさせていただくなら、
Yさん自身も今のままでは、今後身体的な悪影響が出やすい状態であることをしっかりと認識しておく必要があるでしょう。

実際、すこし魂の硬さが認められますし、激しくぶつかり合った形跡も見受けられます。
同年代に比べると決して良好な魂の健康状態であるとはいえません。

今は肉体的にも若さがあるので気にしていないかもしれませんが、10年後20年後を考えると、今からでも魂にやさしい生き方を心がけたほうがいいでしょうね。今ならまだ充分に間に合います。


あと、もうひとつ助言しておきましょう。

なるべくご両親のもとへ顔を出すように心がけてください。
過去どんなに憎んでいたとしても親子は親子です。痴呆になって脳が正常な認識力を失ったとしても、魂に刷りこまれた子に対する愛情がゼロになることはありません。
Yさんが、両親のことを僕に相談しようと思ったのも、やはりそこには確かなる親に対する愛情があるからです。

過去に引っ張られない生き方、修正の道を選択していきましょう。




バンコクより
白石

++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--
『魂のリプライ』では白石に人生相談や質問をしてみたい方を募集しています!

◆内容は恋愛・仕事・家族の相談、世の中の疑問に思うこと、どんなものでも構いませんが、一部の人しか理解できないような相談や、個人が特定されてしまうような相談はご遠慮ください。

◆人間関係などの相談で感情などを知りたい場合は、対象者の住所(解るところまでで結構です)・性別・生年月日・お名前をご記入下さい。これらはもちろん公開はしません。
必要ならばちょっとだけ魂に触れさせて貰いリーディングすることもあります。

◆相談・質問は送って下さっても、選ばれない場合もありますのでご了承ください。
選ばれた相談・質問には白石がこのブログでお答えします。



相談・質問の送り先******

 volforce@gmail.com

*********************

コメント一覧

相談者のYです 2013年06月02日(日)00時55分 編集・削除

白石先生、私の長文メールを読んでいただき、『魂のリプライ』にも選んでいただいて、ありがとうございました。
白石先生から直接アドバイスをもらえて、とても感激しています。

私の性格、まさにその通りです。
人に対して距離を置いたり、自分の意見を曲げられずに衝突したり・・・。
自分が傷つきたくないがための行動だと思いますが、逆に自分の魂を傷つけていたんですね。

両親の性格も当たっています。母の魂は、私が生まれる前から良くなかったんですか。
母がこれまで生きてきて、幸せだったときはあったのかしら・・・、と悲しくなりました。

自分にとって、魂にやさしい生き方とはどんな生き方なのか、どのように軌道修正していけば良いか、白石先生のブログを指針に考えていきたいと思います。

両親とはいまも毎週会うようにしています。会えばやはり嫌な気持ちになったりしますが、私に愛情を持って接してくれたことは偽りのないことですので、両親のこと、大切にしていきたいと思います。

この度は貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。

白石 2013年06月02日(日)23時58分 編集・削除

Yさん

>母がこれまで生きてきて、幸せだったときはあったのかしら・・・、と悲しくなりました。

お母様の幸せはいつも内輪に向いていました。
Yさんが生まれたときも、お母様は充分に幸せを噛み締めていたと思います。
しかし子供の将来を大切に思うゆえ厳しさもでてしまった。
子育てという面では常に迷いと反省を繰り返しながらだったはずですが、子供の成長を誰よりも喜んでいたのはお母様だったはずです。

>両親とはいまも毎週会うようにしています。会えばやはり嫌な気持ちになったりしますが、私に愛情を持って接してくれたことは偽りのないことですので、両親のこと、大切にしていきたいと思います。

これからも逢いに行ってください。
表面上はいまだに言い合うようなことがあるかもしれませんが、魂の奥底にある愛情に常に目を向けてください。
照れや気まずさを怒りの言葉で隠すのではなく、素直に向き合えるようになることが出来るように。


今回の相談は内容的にすこし厳しいものとなりましたが、現実を直視し今後の修正ができれば、失われていたもの、得ることができなかったものを、Yさん自身が今後の人生で取りもどすことができるでしょう。
今回の話しを単に暗い気持ちでネガティブに受け止めるのではなく、人生の方向転換のタイミングだとポジティブに受け止めてみて下さい。

Yさんには良い意味で、過去の切り離しが必要です。

そのためには家族の問題をマイナスと見ないで、今後は隠れていたプラス面を掘り起こすことを心がけてください。
それができればYさんのこれからの人生も大きくプラスに振れるはずです。

sihong5 2018年12月13日(木)08時10分 編集・削除

http://www.katespade-bags.us/ kate spade purses
とですねるようまでに

コメント投稿

投稿フォーム
名前
コメント
文字色
削除キー
 ←設定しておくことで後から削除・編集ができます
投稿キー
投稿キーには半角数字で「3031」と入力してください(スパム対策)

smiling again