記事一覧

捨てる勇気

ファイル 66-1.jpg

なかなかモノを捨てることが出来ない人っていますね。


「これはいつか使うことがあるだろう。」

「ぼろぼろだけど愛着があって捨てられない。」

「これが自分の手にあるのには、きっと意味があるはず。」


本当に大切なモノだけでなく、一見するとゴミにしか思えないようなものまで様々な理由をつけて、捨てられない人はどんどん溜め込んでいきます。

もちろん多くのモノは結局まったく使うことなく、ただ場所を占領しているだけです。

本人も解っているのですが、どうしても一度手に入れたものを手放す事に対し、不安的な感情が先行しスパッと捨てることができません。
モノに対する強い執着心や依存心が芽生えてしまっていて、捨てることはまるで自分の存在意義をも捨ててしまうことというような、強い脅迫観念すら覚えてしまうのです。


こういう“捨てられない人”は多くの場合、モノだけにかかわらず、どうでもいい情報も溜め込みますし、過去の思い出や経験すらも切り離せないで溜め込んで行きます。

3ヶ月も経てば忘れてしまうようなゴシップ記事やニュースに、毎日貴重な時間を割いて一喜一憂したり、感情移入したりします。

過去の失敗や栄光を何年も引きずり、新しい未来の構築ができないまま歳を重ねていく人も多くいます。


彼氏に振られたことを忘れられずに、新しい恋に向かう気が起きないだとか、

仕事の失敗でリストラされて、新しい職を探す気になれないだとか、

輝いていたころの自分と今を重ねて、落胆の日々を送っているだとか・・・


でもこんなのは、使わないモノに占領されて、足場を失って動けずにいるだけの乱雑なお部屋の状態のようなものです、まったくナンセンスなのです。


解決方法はひとつだけ、簡単な話しです。
捨てればいいのです。

モノを捨てることが下手な人は、こういう気持ちの切り替えも下手な人が多いのです。
過去を捨てることが出来ません。

とっくに過ぎ去ったことを何とか心のなかで整理しようとしますが、そもそも過去を整理しようとしても状況を変えることなどタイムマシンがないと無理なんですからね(笑)


結果として整理などできずに、ただ積みあがっていくだけです。
そう、全く読まないのに積みあがっていく古本のようにです。


運の良し悪しを決めているのは part4 でも言ったように、捨てられないことはケチなことにも繋がっています。


世の中には“もったいない”という精神が美徳であるという風潮がありますが、この考え自体は基本的に間違いではありません。
モノを大切に扱うことはいいことでしょう。
しかし必要以上にモノや過去に執着してしまう生き方は決して美しいとはいえません。

それでは我々はどのような生き方を目指すべきなのでしょうか?

それは、極力モノを持たない生き方、過去に縛られない、シンプルな生き方こそが美しく完璧な生き方です。


僕の好きなブッダの言葉にこういうのがあります。

『鳥はどこへ行くにも翼しか必要としない。
ただのひとつも荷物も持たずに己だけで飛んでいく。

しかしその姿は完璧である。

人間も同じように、今着ている衣と食器一つあればそれでいいのだ。』


余計なものに縛られた人生を歩むことに対する戒めの言葉でしょう。

なにかに強く依存してしまっている人や、過去に縛られてしまっている人は、思い切ってそれを捨ててしまいましょう。
後ろ髪を引かれながらではなく、気持ちよくスパッと捨ててしまうのです。捨てることを怖がってはいけません。

そうすれば、スカッとした気持ちで、新しい地へ向かって飛び立てます。



バンコクより
白石


※ここのところ帰国準備でワタワタしていてブログさぼりがちでしたが、そこはお許しを
9日からバリに入り、アグン巡礼のあと、半年振りの日本帰国です(笑)
今年の夏は日本で過ごします。

しかしなんか最近日本も暑そうで、気温的にはバンコクと変わらないみたいなんだけど・・・

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://volforce.net/diarypro/diary-tb.cgi/66

トラックバック一覧

smiling again