記事一覧

集中力が無く、すぐにミスしてしまいます ―魂のリプライ―

みなさんこんにちは、バンコクから白石です。

今回は『魂のリプライ』
このブログ読者の方からいただいた相談や質問に白石がお答えするコーナーです。

その前にリプライに相談を送ってくださる方への注意事項です。
このリプライのコーナーでは相談や質問をみなさんから募集していますが、せっかく送って下さっても、以下のような内容だとボツになってしまうので送る方は注意して下さい。

1. 内容から個人や団体を特定できてしまうような相談・質問
2. 相談内容が定まっていない長文
3. 関連の無い複数の相談・質問
4. 氏名・生年月日・居住地などの必要項目を省略した相談・質問

ブログという公の目に触れる場所に掲載されることを考慮して、端的に要点をまとめてくれているものを選択するようにしています。
また4番の必要項目が無い相談は、魂の捕捉で日本中探して回るのは面倒なのでボツにしています。

このへんに気を付けて送ってもらえると採用率は高くなると思います。

*******************************

《相談内容》

はじめまして。23歳男性です。以前から、悩んでいた事を白石さんに是非聞いてもらいたいと思い、メールさせて頂きました。

僕は昔から、注意力や集中力がなく、よく体をぶつけたり、人の話を聞いてなかったり、大した事ないケアレスミスを繰り返してバイト仲間から白い目で見られたりと、 自業自得とはいえ、きつい目にあってきました。

でも、意識的にミスしようとかしてるわけではなく、気をつけているつもりが、気が付くとそうなってしまうんです、

「集中してミスを一つもない普通の状態」
がわからないのです。
ネットで調べてみるとADHDという発達障害だと書かれていましたが、詳しい原因は不明との事でした。
霊的といいますか、スピリチュアルな観点から見て、この「認知や行動の癖」は、どういう意味があるのか、ありのまま受け入れるしかないのか、ただの甘えでしかないのか、白石さんの考えをお聞きしたいです。

*******************************

集中力の欠如や注意力が散漫になってしまうことと魂の関係についてですが、これは大いに関係があると言えます。

例えば魂の大きさが大きい人と小さい人、密度の濃さ、動き方などの組み合わせによって、人の性格や特徴などの人間の形成が変わってくるのです。

まず魂の大きさですが、大きい人はマイペースで自分主義な人が多く、性格的に自分を中心とした考え方をする人が多くなります。
他人の話しをあまり聞かない、影響されないタイプです。

反対に魂が小さい人は、常に周りの目を気にしてしまう生き方を選択することが多く、他人との比較をもって自分の居場所を探す傾向があり、性格的には素直です。

密度と言うのは、魂を形作るエネルギーの粒子の密度のことです。
前にも説明しましたが、魂は微細なエネルギー体の塊ですからこの粒の多さということですね。
多くなればなるほど肉体的にも精神的にも安定感が増し、強いエネルギーを生み出します。

ある種の特殊能力にすぐれている人、例えばスポーツ選手・医者・学者などは例外なく密度が濃い人が多いですね。
ある意味では魂のポテンシャルをそのまま現すものだと言えます。

魂の動きについては、その動きで現在の魂の健康状態が解ります。
魂と言うものは常に動いているもので、通常はゆらゆらとしているんです。
ところが不健康状態になってくると微振動状態になります。
魂が微振動状態になってくると魂のもつエネルギーが脳を含む肉体に正しく伝わらなくなり、肉体は暴走状態になります。
生活においてさまざまな困難・問題を生み出すことになります。

このあたりのことは以前講義したとおりです。

こうした基礎知識を踏まえた上で相談者さんについてみてみます。
仮にHさんとしますが、Hさんの魂をさっそく捕捉してみました。

魂の大きさ自体は大きめです。密度的には年齢を考えれば薄め、動きは正常の範囲でした。

Hさん、性格的にすこし自我が強い人のようです。
プライドの高さと負けん気の強さがあり、正義心の強さもあるので、日常生活において意外に魂のぶつかりが多くなりがちなタイプですね。

懸案となっているケアレスミスについても、マイペース主義ゆえまわりに目が行き届かない大雑把なところがあって、未確認のまま思い込みで行動してしまいやすいことが原因でしょう。

Hさんは集中力がないと言っていますが、まあもともと人の集中力など持って3~40分が限界ですから問題はそこではありません。

Hさんの場合は魂のエネルギー粒子密度の低さの割には肥大している状態。
ここに問題があります。

つまりエネルギーの密度と、魂の大きさが反比例してしまっているのです。

本来のHさんの魂密度で言えば、もうすこしコンパクトでちょうど良いバランスを保てるのですが、実際はやや膨張気味だということですね。

定期的にお会いできれば僕なら簡単に修正できますが、いま変に修正してしまうと、行動力やポジティブなチャレンジング精神まで減少してしまうので、若いうちは今のままで行くべきでしょう。

こういうタイプの魂の持ち主は人生においては波乱万丈型です。
困難も多いけれど、その負けん気の強さやプライドの高さをバネにすることができると、他人が到達できない位置まで達することができます。
ただ自我と反省の繰り返しループに陥ると、人生を破滅させてしまうこともあります。
あまり中間がないタイプなのです。

今後へのアドバイスとしては、
『ミスを恐れるな!』という一言に尽きます。

ミスをしてもあっけらかんとして、持ち前のチャレンジ意識を持ち続ければいいのです。
ひとつひとつのミスの原因を分析しようとせずに、自分の得意分野を伸ばすことだけに集中する生き方こそがHさんにとっては最終的に最も良い結果を呼び込みます。
ミスを怖がって行動力という良さを消してしまわないように気をつけましょう。

キーワードは『繊細さよりも大胆に。』
細かなミスに捉われることなく、少しくらい図太くいきましょう。
人生を長いスパンで考えれば、その生き方こそがHさんにとっては正解です。


バンコクより
白石

結果がすべてではない

ファイル 41-1.jpg

『ものごとは結果がすべてだ』という言葉はよく訊きます。

『終わりよければすべて良し』などもよく訊く言葉です。

たしかに素晴らしい結果を出すことは意味のあることでしょうし、そこに価値観を求める人も多いことでしょう。

しかしだからと言って結果だけにとらわれてしまうと余計に好結果から遠ざかり、それどころか本質を見失う恐れがあることも知っておかねばなりません。


例えばプロスポーツ選手は結果が出ないと試合に出られなくなります。
誰も注目しなくなり、引退に追い込まれます。
だから結果がすべてだという見方はあるでしょう。

でも結果を出さなければいけないというプレッシャーに押しつぶされて、自分がそのスポーツを続けることが苦しくなってしまい、嫌いになってしまっていたらそれは本末転倒で不幸なことです。
そんな気持ちのままプレーし続けても良い結果など出るものではありません。

子供のころの純粋な気持ちのまま、楽しいと思える気持ちを感じながらプレーできることが出来れば、結果は二の次になります。

今、この瞬間に全力でプレーできている自分を楽しいと思える気持ち。
それこそがベストパフォーマンスへつながり、転じて好結果がついてくるのです。

結果だけに集中しすぎると、その行為そのものの意義すらも消し去ってしまうことになります。


これは何もスポーツだけの話しではありません。
普段の生活などでも当てはまることは多いでしょう。

例えば、
結婚したけど夫婦仲が悪いですとか、
子供が言うことを聞いてくれないですとか、
仕事がつまらなくて苦しいですとか・・

こういった上手くいっていないと思われる事に対して、ひたすら素晴らしい結果だけを求めすぎていると、なぜ自分がその道を選択したのか?という本質部分をも見失ってしまう。

本質部分を見失っているから、今の結果が現れているのだということに早く気付く必要があります。

ものごとは結果や数字が大事なのではありません。
結果は、そこまでのアプローチの充実度の現れに過ぎないのです。
つまり本当に大切なのは結果ではなく、今が好きかどうか、楽しんでいるかどうかなのです。

結果を追い求めて行動するのではなく、
今を好きになれれば、おのずと良い結果はついてくるものなのです。




バンコクより
白石

魂と心の違い

ファイル 39-1.jpg

今日は“魂”というものの存在を、もう一度より理解してもらうためのお話しです。

というのも、どうも頂くメールなどを読んでいると、魂の根本を理解できていない人が多いように思えたからです。

一番多い間違いは“魂”と“心”が同じものだと思っている人です。

確かに世の中の言葉の使い方として、例えば

「魂の叫び」というフレーズは良く聞きますし、
「心の叫び」というフレーズも聞きます。

この二つに対して抱くイメージにそれほど違和感を覚えることもなく、特に分け隔てなく同じようなものとして考え使っている人も多いことでしょう。

でも僕のブログの読者でしたら、そんなことではいけません(笑)
しっかりと魂の理解度を高めてください。


“魂”と“心”これは全く違うものです。

魂は生命の根幹となるエネルギー体の塊で、全ての動植物に一つずつ存在します。
生命が生命たるコアとなる部分であり、肉体や精神は魂を取り巻く一時的な付帯物に過ぎません。

自動車に例えるのなら、自動車を運転しているドライバーこそが魂です。
自動車自体は古くなったり、事故を起こしたり、乱暴な運転を繰り返せば、いずれ朽ち果てて廃車になります。
しかしドライバーは変わりません。また新たな車に乗り換えるだけです。

それが魂というものの存在です。

僕が常々、魂を汚さないように、硬くしないように、黒カルマを生み出さないように言い続けているのは、自動車(肉体)はドライバー(魂)の健康度合いによって、その寿命や安全性、性能に大きく影響するからです。

ドライバーが健康で健全なら、車は長く安全に走り続けることができます。
しかしドライバーが不健康化しだすと、運転は乱れ、消耗し、しいては事故を起こしてしまうこともあります。

そうならない為には日々の生活の見直しや、病気に対する検診や治療を行うことはまさに人間の実生活と変わりありません。
魂を汚さない、綺麗に保つ努力を怠るべきではないと言う理由はそこです。


対して“心”というものは、人間の脳内の思考を具現化したものに過ぎません。

これも同じく自動車の話しに例えるのなら、

方向性を決めるハンドルや、スピードを決めるアクセルペダル、止まるときのブレーキペダル。あるいは挙動を示すウインカーやブレーキランプ。
こういった自動車を最終的にコントロールする機能のひとつと例えると解りやすいかもしれません。

もちろんこれらは重要なものですが、心(ハンドルやアクセル)自体が明確な意思を持って肉体(車体)をコントロールしているわけではありません。
あくまでドライバーである魂の状態に大きく左右されるのです。

もしドライバーが荒れていれば、急発進、急ハンドル、急ブレーキ、無駄に運転が荒くなります。
人間の話しに戻せば、
魂が荒れた人は心も荒々しくなり、すぐに怒り、恨み妬み、嘘つきになるということです。

車窓に流れる景色を美しく感じる余裕があるドライブが出来ているかどうか?

魂が綺麗で健康ならおのずと心も体も、しいては人生そのものが綺麗に、そして楽しくなります。

どうでしょう?
“魂”と“心”の違いが理解できたでしょうか?

このブログの読者の皆さんは、どうか“魂”を大切にして下さい。



バンコクより
白石

ヴォルフォースとは何なのか? 2

さて前回の宿題のエントリから一週間が経ちました。

お一人でいくつも答えを書かれている方もいらっしゃいましたが(笑)
広く見れば正解者はいるけれど、いずれも絞りきれていない感じで90点止まりといった方が多かったでしょうか。

一番多かったのは『火山』という答えでしたが、これは過去の僕の話しからすぐに想像できるところでしょうから、ほとんどの方が書かれていました。
でもこれでは安易すぎるので100点は出せません。


他には“荒地”“磁場”“古文化”“神聖な場所”等々・・
たくさんの回答を頂きましたが、はたして100点は出たのでしょうか?

ではレクチャリングしながら答え合わせといきましょう。

まず前回出した宿題を振り返ります。

==============================================
(問題)
下記にある7箇所の有名ヴォルテックスに共通するものとして、
山や高地であること以外に何があるでしょうか?

北米 アメリカ アリゾナ州 セドナ
北米 アメリカ ハワイ州 キラウエア山
南米 ベネズエラ ギアナ高地
南米 ペルー マチュ・ピチュ
アジア インドネシア バリ島 アグン山
アジア フィリピン チョコレートヒル
アジア 日本 富士山
==============================================

こんな問題を出しましたが、
この問題のキーとなるのはそれぞれの場所です。

ファイル 38-1.gif
世界地図にそれぞれのヴォルテックスを赤点で示してみました。
するとすぐに解ることがありますね。

そうです。ほぼすべてのヴォルテックスは太平洋沿岸地域に集中しています。

そのことに気づいた方も何人かいました。
でもまだそれでは満点ではありません(笑)

今回の出題にあたり、じつは僕の中ではいくつかの“キーワード”を設定していて、もしそれが出たらその方を正解にするつもりでいました。

そのキーワードとは?

さあ、お待たせしました正解発表です。


環太平洋火山帯(もしくは、Ring Of Fire)
ホットスポット
海山群

このうちの一つでも出れば満点で正解です。

あまり耳にしない言葉かもしれませんが、これらの答えを導き出すのはそんなに難しいことではありません。
実際にそれぞれのヴォルテックスの場所を地図で調べた人はすぐに“太平洋”という言葉が導き出されるでしょう。
そこで“太平洋”と“火山”という二つのキーワードを頭の中で結び付けることが出来れば、インターネットで調べれば一発目にwikipediaで答えが出てきます(笑)

ファイル 38-2.gif
今回はさらに難しくするためにあえてハワイを入れました。
ハワイはwikipediaの図ではリングの中に入っていませんが、太平洋を縦断する天皇海山群(海底山脈)のひとつの山で、この海山群は環太平洋火山帯に連なっています。

まあそこまで完璧に答えるのは地学を勉強している人でないと解りませんので、今回は上記した「3つのキーワード」もしくは「太平洋沿岸の火山帯」と答えられた方を正解にしたいと思います。

正解者は・・・もったいぶって最後に発表します(笑)


さて講義の続きです。

もちろん例えばエジプトのピラミッドですとか、フランスのモン・サン=ミシェルなどもヴォルテックスだという意見もあると思いますが、いずれも人工の手が加えられた二次的なパワーの集約地のような場所が多くなり、本当の意味での太古から続く大自然の生み出すものとは質が違うでしょう。

古来から地球の姿が剥き出しになったような場所から生み出される、圧倒的で不思議な力が湧き出る場所というのはやはり限られている。

そしてその場所の多くが太平洋沿岸地域に集中しているということに注目しているスピリチュアリストは多分そういないような気がします。
(そういうことを発表している記述などは見たことがありません)

このことはなぜ僕が火山、ヴォルフォースにこだわるのかを探るヒントなのです。
世界的なパワースポット、ヴォルテックスの多くは太平洋を取り巻く火山帯の中にあるのです。

たとえば有名なセドナにはシャスタ山が近くにありますが、あの山も活火山ですね。あまり知られていませんがもともと近隣のグランドキャニオンを含めて北部のイエローストーンまで、アメリカ北西地域は世界一の大火山帯です。

ベネズエラ他6カ国にまたがるギアナ高地には火山活動はほとんどありませんが、あのエンジェルフォースで有名なテーブル状の山々が続く様子はどこかグランドキャニオンやオーストラリアのエアーズロックを思い出させます。
あきらかに何もなかった平地を強引に押し上げたような四角い山の地下には、強い地球のエネルギーが眠っているのです。

またギアナ高地のすぐ北部に位置するカリブ海近辺はプレート銀座となっていますが、ギアナ高地一帯はいわゆるプレートテクニクスのゼロ地点となっていて、横からのひねりの力が掛からない稀な地域なんですね。大陸なのに何万年もほとんど移動してない地域なんです。
かわりに真下からの力が加わって、ああいったテーブル状の山が出来るのかもしれませんが、いやはや一度は行ってみたいですね。

フィリピンは1991年に大噴火したピナツボ火山が有名ですが、世界有数の火山大国です。
ちなみに火山帯を利用した地熱発電がすすんでいて、実に発電量の1/4は地熱発電でまかなっています。

ちなみに日本がもし本気で地熱発電を始めれば、原発の問題などあっというまに無くなります。
まあこの話しは近いうちにしたいと思いますが、火山のパワーというのはヴォルフォースのようなスピリチュアルな力だけでなく、人間社会においても重要な力の源となり得るんですが、なぜか注目度が低いんですよね。
特に日本においては温泉くらいしか注目しません。

まあブログの一話にしては長くなりすぎなのでこのへんで打ち切りますが、
ヴォルテックスと太平洋を取り巻く火山帯の関係に不思議なつながりがあることを今回の講義で学べたのではないかと思います。

人間に癒しや活力を与えるパワースポットと地中のマグマの力は強い結びつきを持っているのです。


さて、では満点正解者の発表です!

maruさん
にゃ~さん

以上お二人のみ太平洋沿岸と火山を結びつけることが出来ました。
100点!!大変よく出来ました。素晴らしいですね。

特にmaruさんは今回唯一、答え一発のみで『環太平洋火山帯』というキーワードを答えられたのは驚きでした。
スピード的にもにゃ~さんより早く答えられたので、今回の約束の賞品をお贈りしますのでメールを下さい。

惜しくも満点でなかった人は残念でしたが、またそのうちに抜き打ちテストするかもかもしれないので、そのときにまたリベンジしてください(笑)
それでは今日の講義はこれまで。



バンコクより
白石

ヴォルフォースとは何なのか?

今回はアグン山の流れで“ヴォルフォース”について講義したいと思います。

まず“ヴォルフォース(volforce)”という言葉ですが、これは僕の作った造語です。
意味合いとしては、火山(volcano)と神秘的な力(force)をミックスさせた言葉です。
また神秘的な力が噴出している、渦巻いている地域を指す「vortex(ヴォルテックス)」にも掛けています。

ちなみに日本人は神秘のパワーが得られる場所を“パワースポット”と言いますが、実はこの言葉は和製英語なので外国人には伝わりません。
海外でも日本人が良く訪れる観光地あたりなら伝わるかもしれませんが、世界標準語としてはvortex(ヴォルテックス)のほうが伝わります。

ところで皆さんはパワースポットというと、身を清めてくれる場所、神秘的な力を授けてくれる場所というイメージを持っていると思います。
雑誌でパワースポットと書いてあった、○○先生が薦めていた。
こんな理由でパワースポットと呼ばれている場所に出かけていく人も多いと思いますが、では一体その場所ではどんな力が、どのように自分に作用し、どんな効果を得られるのか?を理解できているでしょうか?

美味しい空気を吸って、マイナスイオンに包まれて、精神的にリラックスできたからといって、実はそこがヴォルテックスであるとは限らない事実があります。

特に最近の日本はパワースポットの安売り状態です(苦笑)
あきらかに集客の宣伝効果を狙っているとしか思えない場所もパワースポットとして雑誌やテレビに紹介されています。

浄化作用の無い、ヴォルテックスではない場所に、人生に悩んだ人が多く集まるとどうなるか解りますか?
その場所には、自分だけは救われたいという強い思いや、執念怨念が生霊となって渦巻くように集中します。

そんな場所に行って身も心も開放した気分になって、深呼吸して、身を清めたつもりになっても実はまったくの逆効果。
誰のものとも解らない怨念を背負っているとも知らずに、笑顔で帰ることになります(笑)

特にここ数年では、東京原宿の明治神宮にある清正の井戸がパワースポットになっているとかで若い女性が押し寄せたらしいですが、このブログの読者諸君は絶対に行ってはいけませんよ。あそこは逆に危険です。

神社仏閣を神秘的な場所として唱えるスピリチュアリストが多い昨今ですが、僕は東京23区内に自然発生しているヴォルテックスは無いと考えています。
唯一、皇居の中には入ったことがないのであの場所は解りませんが、すくなくともあの周辺にはありませんからおそらく無いでしょう。

では本物のヴォルテックスとはどんな場所にあるのでしょうか?
たとえば世界的に有名なヴォルテックスはいくつかあります。

北米 アメリカ アリゾナ州 セドナ
北米 アメリカ ハワイ州 キラウエア山
南米 ベネズエラ ギアナ高地
南米 ペルー マチュ・ピチュ
アジア インドネシア バリ島 アグン山
アジア フィリピン チョコレートヒル
アジア 日本 富士山

などなど。

他にももちろんありますが、多くの有名ヴォルテックスには共通項があります、解りますか?

例えば上記の地域をざっと見てすぐに気付くでしょう。
そうです、その多くが山や高地であることはすぐに解ると思います。

正解です!
ただし70点(笑)

もっと詳しく見てみると、実は世界における有名ヴォルテックスには大きな共通項が隠されているのです。
いつも講義で僕ばかりが伝える一方なので、今回は宿題を出します(笑)

======================
(問題)
上記にある7箇所の有名ヴォルテックスに共通するものとして、
山や高地であること以外に何があるでしょうか?
======================

答えが解った人はコメント欄へ書いてください。
今回はコメントの「公開設定」を操作できるようにしたので、コメント送信前に「管理人しか公開しない」を選択してから送信して下さい。
答えは僕しか見れません。

完璧な正解者にはメールでリーディング&相談事があればカウンセリングをプレゼントします。
正解者多数の場合は先着1名となります。


バンコクより
白石

smiling again