記事一覧

魂の“ひらめき”を得ました

ブログのアップにすこし間が空いてしまいました。

実は今、僕のライフワークにおいてとてもとても重要な研究をスタートさせています。
おそらくこれは僕の仕事の最終形ともいえるでしょう。


それは硬くなった魂に柔軟性を取り戻すための研究です。


先日ちょっと気になる事例に遭遇しまして、そのときに脳天から足の裏に強いものが抜けていくような“ひらめき”を貰いました。

思えば富士山の山頂で水晶を埋めようと“ひらめいた”ときも同じような感覚を憶えたので、今回も僕の勘覚センサーが正しい方向を指し示したのだと信じています。

硬化した魂を元に戻すことは僕自身不可能だと諦めていたことなので、今回のことはまさに暗闇の中に見えた一点の光です。
ただ検証できる事例が一件しかないのであまりにも小さすぎる光ですが・・・

今回も長期戦を覚悟していますが、もしかしたら単なる思い過ごしで終わることもあるかもしれません。
しかし僕の存在に意味をもたらすという使命的なものを強く感じ、絶対にやらなければいけないことだと思っています。


もし硬くなってしまった魂が子供のころのような柔らかなものに戻れば、失っていた勘覚が取り戻せます。
それは人生において重要な意味をもたらします。

危機回避能力だけでなく、人生を健やかに過ごすための判断力が高まり、間違った道を修正することが出来るようになるでしょう。
人間関係を衝突無くスイスイと渡り歩いていくでしょう。
性格的にも明るくなり、誰からも好かれる人間になるでしょう。
すべてにおいて余裕を感じることの出来る人生を歩めるようになるでしょう。

数え上げればきりがありませんが、
健康健全な柔らかい魂というものは、自然に人を幸せへと導いてくれる力を有しているのです。

たしかに黒カルマの浄化に関する研究は一定の効果を確立できましたが、黒カルマの浄化を魂の掃除と例えるなら、魂の軟化はリフォームといえるくらいに違うものなのです。
家の汚れた壁紙も、外壁も、水周りも一新され綺麗になれば、毎日が明るく楽しくなるのと一緒です。
美しさの根本が違うのです。

誰にでも「今、自分は運がいい」と感じたときというのはあると思いますが、それがずっと続いたら素敵だと思いませんか?

今回のプロジェクトは最終的にはそこを目標にしています。
もちろん簡単ではないでしょうし、さらなる“ひらめき”と地道な実験が必要でしょう。
でもやはり楽しみです。頑張りたいと思います(笑)


そこで、じつは今回このプロジェクトに関して、ちょっと一部の人に協力を願いたいことがあります。
このブログを読んでいる読者のなかには、昔からの僕のお客さんも多くいると思います。また一時期サイトを通じてアグンクリスタルを購入下さった方もいらっしゃると思います。
アグンクリスタルを1年以上に渡りそばに置かれている方は連絡をいただけないでしょうか?石の有効期間が過ぎていても構いません。
すこしだけアンケートに協力して頂きたいのです。
メールアドレスが判っている人にはこちらから連絡しましたが、判らない人もいますのでぜひ連絡ください。
様々な角度から検証したいことがあるのですが、なかなか皆さんに直接お会いできる機会がないので思うように資料が集まりません。
ぜひ協力してください。お願い致します。


さて、前回のバリレポートの続きでお約束のヴォルフォースについてなんですが、今週はあまりにもこのことで興奮しすぎて頭の中がぐるんぐるんし続けてしまい、なかなかブログに頭が戻ってきませんでした(笑)

人間は何かに集中して打ち込むと時間の経過が早くなりますね。
ハッと気付いたら、前回のエントリからあっという間に一週間が過ぎていて驚きました。

本当は今回はヴォルフォースの神秘について書こうと思っていたんですが、ちょっと次回にまわします。
楽しみにしてくれていた人にはごめんなさい。

でも言えることは、やっぱりヴォルフォースというものはスペシャルワンなものだということです。
この力をコントロールすることは、生命の営みに大きな影響を与えます。

地球はやはり偉大なのです。



バンコクより
白石

アグンの頂へ

ひと月過ごした寒い日本から気温30度のバンコクへ戻ってきました。

1月は日本でゆっくりしようと思いつつも、ゆっくりできたのはお正月のほんの数日だけで、顧客さんに会いに地方に行ったり、2泊3日でバリで登山したりとなんか目まぐるしかったなぁ。

バンコクのお家に戻ってなんだかホッとしてしまいました(笑)
ひと月ぶりのカオマンガイもやっぱりおいしい。
※カオマンガイというのは蒸したチキンがご飯に乗ったチキンライスで僕の大好物です(笑)

皆さんもぜひタイに来たら食べてみて下さいね。そこら中にお店があります。
日本のタイ料理のお店にもありますけど、やっぱりこっちで食べるのとは違いますから。

まあそんな軽いお話しをお伝えしながら、遅くなったバリのレポートですね。

今回は1月でバリは雨季の真っ只中だったこともあって天気が心配だったんですよね。
いつもは予備日として1日2日はとるんですが、今回は都合で予備日なしの一発勝負です。
もし駄目なら、日をあらためてバンコクに戻ってから渡航するつもりでいました。

ただ東南アジアの雨季というのは日本の梅雨のように一日中雨がシトシト降り続くようなことはありません。
日に何度かサッとスコールが降るような感じです。
ですから観光なら雨季といってもそれほど心配する必要はないんですが、今回は登山が目的です。
アグン山は登りはじめから2時間くらいはジャングルのような樹海を登りますから、あまり強い雨が降ると川のようになって登れなくなります。

今年は綺麗な山頂からの写真をブログに載せようと思っていたので、どうせなら天気が良いといいなぁと期待していたんですが、スタート時点ですでに小雨状態・・・。
「まあ登れないよりはまし」と開き直ってのスタートになりました。

アグン山がどんな山なのかは招待制のサイトですでに詳細に書いているので、このブログの読者のほとんどの方はご存知だと思いますが、現地では神様の住む山として深く信仰の対象になっている霊峰です。

バリの9割を占めるバリヒンデゥー教の総本山となるブサキ寺院がアグン中腹にあり、バリ中の寺院やすべての祠はアグン山の方角に向かって建てられています。
また一家の主の部屋は必ずアグン方向に作るなど、聖なる場所の中心がまさにアグン山頂の火口になるわけです。

ですから日本人がいつか富士山に登ってみたいと考えるように、現地のバリ人もいつかアグンに登りたいと考えている人が多いんです。

ただそこは日本同様なんですが、現地の人に聞いてみると意外と登った人は少ないんですね。

それはやはり登山をするのがとても厳しい山だからでしょう。

ファイル 35-1.jpg
※ 登っているときはかなり雲が多くてスコールにならないことだけを祈っていましたが、山頂が近づくにつれ雲が段々と少なくなっていきました。


普通の山のように木々が生えているわけでもなく、登山道が整っているわけでもなく、ただ砂と岩と空しかない場所が永遠と続くわけですからとても過酷な登山になります。

ちなみに街で現地人に「僕はアグンに10回登った」というと誰も信じてくれません。
本当だといって写真を見せるとものすごい驚かれます。
まあ日本で外人に「自分は富士山に10回登った」って言われたら、それは驚く前に引くとは思いますが・・(笑)

それでも昔と違い、最近は意外に観光で登る人が増えたようです。
日本でもブログなんかで登山の様子をアップしている人がちらほらと出ていますね。
僕がはじめて登ったころは本当に情報が少なくて現地のまっとうなガイドを雇うのも大変でしたけど、最近は日本のツアー会社でもオプショナルツアーに組み込んでいたりします。
まあそれでも欧米人が中心で、登る人も一日にほんの数組程度でしょうけど。

このブログの読者のなかで火山の登山をしたことがあるという人がどのくらいいるのかは解りませんが、富士山でなくてもいいですからチャンスがあればぜひお近くの山に登ってみるといいと思います。

それは普通の山では得られない特別なエネルギーが火山の火口周辺には存在しているからです。
そしてそのエネルギーは魂のまわりに浮遊しているゴミ、黒カルマを浄化させる特別な力を持っています。


魂の浄化がすすむとどうなるのか?


本来の自分の直感力をよみがえらせることができるようになります。

間違った道を進んでしまったのなら、それを修正しようと直感が働きだします。

目指すものがあるのなら、それを叶える正しい方角を歩めるようになります。

人は最終的には直感力が人生のすべての進むべき道を決めていて、その正しい方角を指し示すコアこそが魂という存在なのです。
魂が汚れてしまうと、その機能が狂います。

僕がアグン山を選んで登るのは、その浄化エネルギーである良質なヴォルフォースが他の山の比ではないくらいに充満しているからなんです。

ファイル 35-2.jpg
※ ちょっと暗くて距離感がつかみづらいのですが写真を撮った場所から火口の底までは大体100~200メートル。
あの溜まった水たまりもおそらく25メートルプールくらいの大きさがあります。

ファイル 35-3.jpg
※バリではよく見る光景なんですが、まわりが雲ひとつなく晴れているのにアグンの山頂付近だけ雲に隠れているんです。今回もまさにそんな雲でしたが、山頂ではなんとか晴れた一瞬を狙って写真を撮ることができました(前々回の下山のお知らせの写真)
下山途中からまた雲が覆ってきてしまい濡れた岩に足元に気を付けながらのゆっくり下山となりました。

次回はこの流れで、ヴォルフォースの働きについてお話ししたいと思います。


※ 招待制サイトを見たことがない人はこの機会にぜひ見てくださいね。
入場希望メールの感想を読むと、なんだか僕にメールを送るのを怖がっていた人もいたようなんです(苦笑)
数年前から入場メールは自動返信になっていて、1秒で返ってくるので緊張して送った人は拍子抜けしてしまうかもしれませんが、安心して入場希望をして下さって大丈夫です。
メールに書いて下さっている感想などはすべて読ませてもらっています。

人生の道に迷ったら読むサイト ~smiling again~
http://volforce.net/


バンコクより
白石

またバンコクに戻ります

バリレポートをお待ちの皆さんすみません。

来週頭には日本を発つのでいろいろ買い込んだりと
なかなかバリの渡航記をまとめる時間がとれずにいます。

もう少々お待ちください。


ファイル 34-1.jpg

写真はアグン火口で半年の眠りから覚めたばかりの2013年もののアグンクリスタルです。
下の茶色い石は本物のアグンストーン。1964年の最後の噴火以来の日の目です。
この前で瞑想をすると魂が静まり、本来の自分が進むべき道が明確にされてきます。

登頂成功!無事に下山しました

ファイル 33-1.jpg

途中ちょっと天候が危うかったんですが、なんとか無事に登頂成功しました。

コメントくださった皆さんありがとうございます。


この山にはかれこれもう10回くらい登っていますが、何度目でも感想は一緒ですね。
やっぱり、やっぱり、やっぱり凄いパワーの山だということです。

山頂で小一時間ですが己の魂と向き合い、語り、そして洗濯と充電をしてきました。

誰に邪魔されることもない、特別な場所で、特別な時間を過ごしてきました。


相変わらず人を寄せ付けないような岩山ぶりで体力的には疲れましたが、
そんなことを忘れさせるほどの圧倒的な充実感に僕は今包まれています。


山の様子などは帰国してからあらためてお知らせします。

今日はおいしい食事もいただいたので、もうバタンキューです(笑)


みなさんお休みなさい。

Z.Z.Z...




バリ・ヌサドゥアより
白石

いざあの山へ

ファイル 32-1.jpg

21日から2泊3日の強行スケジュールでバリに行ってきます。


もちろん目的はあの山。


現地では折角の楽園なのに、
寝て起きて登山して寝て起きたらもう日本へとんぼ返りという、
とんでもスケジュールなのでまったくゆっくりできませんが、
しばし寒い日本から脱出です。


じつはお正月は日本の食事が美味しすぎていっぱい食べてしまい、あれよあれよと体重がやばい領域へ!

あわてて10日前くらいから階段の昇降トレーニングをしたんですが、


まあ、、、

大丈夫でしょう。


そこはキャリアでカバーです。



うん・・・。




東京より
白石

smiling again