記事一覧

引き寄せの法則について教えてください ―魂のリプライ―

いやいや寒いですね。
14日は大変な雪でしたが、特に新成人の振袖の女の子は可哀相でしたね。

ちなみにタイでは成人式というものは特にないんですが、男子は二十歳になるとみんなお寺に出家するんです。
1週間から3カ月くらいの短期なんですが、6月くらいからの雨季の間に僧侶になるんです。
タイは言わずと知れた仏教国で僧侶の地位がものすごく高く、誰からも尊敬される存在です。
成人してお坊さんとなることで、男子ははじめて一人前と呼ばれるようになるわけです。
タイのミニ情報でした(笑)

さて今回の『魂のリプライ』
このブログ読者の方からいただいた相談や質問に白石がお答えするコーナーです。

今日のご相談は「質問」ですね。
面白そうな質問なので答えてみたいと思います。

**********************************

《相談内容》

いつも、ブログを興味深く読ませていただいています。
パソコンのサイト、それからアグン山のこと…私が読んだときには、白石さんはすでに更新をお休みしてしばらくたっていましたが、今、リアルタイムで白石さんのお話が読めること、本当に感謝しております。

今回質問させていただきたいのは…世の中の仕組みといいましょうか、いわゆる、「引き寄せの法則」のことです。
思考が現実化する、思考のトレーニング(ポジティブ思考)で願いを叶える、幸運や望む未来を引き寄せる…という、いわゆる「宇宙の法則」と言われているものです。

このテーマに関しては、たくさんの本などが出版されていて、私もかなり読みました。
たとえば恋人がほしいなら、理想の恋人をイメージして、わくわく気分になる。理想の恋人にふさわしい自分になるために自分磨きをするうちに、自然に魅力アップしてよい人に見つけてもらえる…とか、理論や心理学的には納得できる部分もあるのですが…

この「引き寄せの法則」は、霊能力者の方々からすると、当たり前のことなのでしょうか?

白石さんの言う黒カルマは、ネガティブな思考などで増えてしまい、悪いことを引き寄せることがあるというので、引き寄せの法則の、「ネガティブ思考は悪いことを引き寄せる」という部分にあてはまっていると思います。

でも、黒カルマは特別な方法でなくては浄化できないのですよね。
ならば、黒カルマと、ポジティブ思考で幸運を引き寄せるということは、無関係なのでしょうか?
それとも、黒カルマの多い人は、どんなポジティブ思考でも、幸運を引き寄せることはできないのでしょうか?

黒カルマのことを知ったのと、引き寄せの法則を知った時期は少し違うのですが、なにか関連があるんじゃないかと、最近考えているところです。


もし可能なら、霊能力者の立場から、引き寄せの法則や黒カルマの関連について教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

**********************************

ここ数年、突然耳にするようになった『引き寄せの法則』

ネットを通じて日本で流行りだしているのを知っていたので、一昨年でしたか、ちょっと目を通してみようとバンコクのメガ書店を回ったんですがどこも扱っていませんでした。
日本では関連する書物やDVDがたくさん販売されていますが、香港・シンガポールの本屋さんにもなかったので、どうも日本だけやたらと過熱している感があります。

昨年の春に日本に戻った際にようやく本屋で何冊か手にしましたが、パラパラっと読んで棚に戻してしまいました。
それは特別に驚くようなことが書かれていなかったからなんですが、僕の感想としてはブッダ思想の『カルマの法則』にすこしキリスト教的な西洋宗教の教えをプラスさせたようなものと思えました。

そういえば『マーフィーの法則』も何年か前にいきなり流行りましたが、日本での流行り方というか、匂いがちょっと似ていますね。
ネットにはステルスマーケティング的な書き込みや関連したサイトも多いようで、ちょっとビジネス臭がします。

内容的にはまさにカルマの法則を基本としたもので、ちょっと呼び方を変えて、ブッダの替りにエイブラハムという智の集合体を教えの中心に置いたもの。
エイブラハムとはイスラム教やキリスト教の始祖「Abraham(アブラハム)」から来ているのかどうかは解りませんが『カルマの法則』も『引き寄せの法則』も言っていることは因果応報・自業自得です。

善因善果(良いことをする、考えることで良い結果が訪れる)
悪因悪果(悪いことをする、考えることで悪い結果が訪れる)

正直、目新しい教えではないですが、引き寄せの法則では善行より『思考』に重きを置いている感じですね。

善行をするのは大変そうだけどポジティブにいることなら出来そう、という現代人の怠慢心理を突いている感があります。
しかしカルマの法則に置いても、考えの種が縁を呼び込み結果として現象を生み出すと説いているので、まあ引き寄せの法則はカルマの法則をよりスリムにして解りやすく簡潔化したものと考えるのが妥当ではないでしょうか。

ただこのポジティブ思考と言うのも、ポジティブであることと妄想癖を勘違いしてしまう人もいそうなので少し怖いところです。
“妄想”については以前『妄想に逃げるということ』でも書きましたが、はまってしまうと幸運どころか、アンラックしか生み出さないので注意が必要です。
より良い自分の姿をイメージすることはいいのですが、そこに溺れて満足してしまうようならむしろそれすらも足かせになってしまいます。

ポジティブ思考が幸運を呼び込むか?本当のところは
ポジティブ=楽観的の度合いによるでしょう。

僕は今日一日を前向きに生活できる程度のポジティブさが丁度良いのではないかと考えています。
あまり未来のことに強く目を向けすぎると人はすぐに妄想癖に変わりやすく、楽観しすぎると、誰も自分のお尻を叩く係りがいません。
ポジティブであることはいいことではありますが、度が過ぎると叶わなかったときに落胆も大きい。
適度な不安要素(ネガティブ思考)も必要だと思いますね。

引き寄せの法則自体は否定しませんが、ちょっと浅さが透けて見えるというのが僕の正直な感想でした。


さて、今回の質問者さんの黒カルマに関する質問にお答えして、本日は了とします。

>>黒カルマの多い人は、どんなポジティブ思考でも、幸運を引き寄せることはできないのでしょうか?

もし自分から黒カルマを生み出してしまうような、魂が硬化した痩せた状態であるなら幸運どころではないでしょう。
そういった魂は、肉体の病気に置き換えれば重病患者のような状態なのです。
そのような状態になると、勘を失い、決断力を誤り、人間的にも魅力を放たない人格しか持ち合わせていませんから他人からの施しももらえない。
そんな状態で幸運を呼び込み続けることができるのかを考えれば難しいでしょう。

しかしもし他人から少量の黒カルマを貰ってしまっているだけなら、浄化をすすめることで幸運体質に戻すことは可能でしょう。
一時的な魂の風邪ひきのようなものです。
こじらせないうちに柔らかな魂をとりもどすことです。


東京より
白石

  • -++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--
  • 『魂のリプライ』では白石に人生相談や質問をしてみたい方を募集しています!

    ◆内容は恋愛・仕事・家族の相談、世の中の疑問に思うこと、どんなものでも構いませんが、一部の人しか理解できないような相談や、個人が特定されてしまうような相談はご遠慮ください。

    ◆人間関係などの相談で感情などを知りたい場合は、対象者の住所(解るところまでで結構です)・性別・生年月日・お名前をご記入下さい。これらはもちろん公開はしません。
    必要ならばちょっとだけ魂に触れさせて貰いリーディングすることもあります。

    ◆相談・質問は送って下さっても、選ばれない場合もありますのでご了承ください。
    選ばれた相談・質問には白石がこのブログでお答えします。

    ***相談・質問の送り先*******

        volforce@gmail.com

    ****************************

善行と偽善の大きな違いとは?

ファイル 28-1.jpg

偽善と善行についてもう少し詳しく書いておきましょう。
なぜ偽善は善のカルマにならないのかを説明しておきます。


ただその前にひとつ言っておきます。
“偽善”は別に悪いことではありません。

そもそも偽善という言葉があまり良くないのかもしれません。
偽善者というと悪いイメージがありますが、偽善者の行為によって助けられる人や喜ぶ人がいればそれでいいではないかという考えもあります。

与えるものと与えられるもの、特に両者に不具合がなければ第三者から批判される筋合いではないのはごもっともな話であって、そもそも世の中は偽善で成り立っているという一面もあることでしょう。

僕も別に否定はしません。


しかしカルマの話しでは“偽善”はどこまでいっても“善”ではないので、そこには明確な区別が必要なのです。


ではどう違うのかを解りやすく解説するならば、
“偽善”は『奉仕』ではなく『取引』だと考えるといいでしょう。

『取引』は見返りを求めた行為ですから、ある意味、商売などと変わりません。

例えば大々的にアピールする寄付行為などは、まさに何らかの見返りを求めています。
それが「好感度アップ」だったり「ビジネス的な利益」だったりします。
何かを与えて、何かを対価として得る行為。
商取引としてみれば悪いことではないんですが、決して善行ではないのです。

対して“善行”は何も求めずに与えるだけの行為です。
単に困っている人を助けたいという想い。非常にシンプルなものです。

カルマ論で言えば、
善行はリンゴの種を蒔く行為、偽善はリンゴを買う行為。
未来に繋がるのは善行のみなのです。

もし人が飲まず食わずで生きられるのなら、善行のみの人生を歩みたいというのは理想論かもしれません。
しかし、なかなかそうはいかないのが世の常です。

ですから世知辛い世の中でも、機会があれば本当の善行を積みたいという本能が我々の魂にはあります。


どうでしょうか?
善行と偽善の違いがなんとなく理解できたでしょうか?


東京より
白石


追伸:
今日の写真は用事があって出掛けた折に撮影しました。
六本木ヒルズのイルミネーションです。とても綺麗でした(笑)

本当の善行

ファイル 27-1.jpg

良いことをすることを『善行』といいます。

善行を積むことは素晴らしいことですが、
しかし一口に善行と言っても、しないほうがいい善行もあるのです。


あなたが満員電車やバスに乗っていて、
もしそこにお年寄りが乗ってきたら、あなたは席を譲りますか?

きっと譲ると答える人は多いことでしょう。

席を譲られたお年寄りも喜びますし、自分も良いことをしたと満足感を得られることでしょう。


ではもし席を譲られたお年寄が礼も言わず目を合わせずに
さも当たり前のようにドンと座ったとしたら、あなたはどう思いますか?


「折角、譲ってあげたのに、何なのあの態度は!」

「お礼の一つも言えないなんて、譲って損した。」


こんな風に考えてしまう人はいるでしょうか?


善意の気持ちで手助けしてあげることは、確実に善のカルマを積むことになります。
しかし折角の良い行いも、心の中でそこに見返りを求めてしまうようだと、実は必ずしも善のカルマとはならないので注意が必要です。


まわりから良い人だと思われたい。

尊敬されたい、感謝されたい、お礼をもらいたい。


こういった裏心や見返りを求めた行いは、
実は善行(ぜんこう)ではなく、偽善(ぎぜん)なのです。

偽善者は、善いことに結果を求めてしまいます。
そして結果が出ないと、腹が立ってしまうのです。

もし良いことをしても後から腹が立ってしまうくらいなら、最初からやらないほうがいいのです。
偽善は決して善いカルマにはなりませんし、結果を得られないと立腹し、魂も硬化させてしまいます。


本当の『善行』とは、
与えたことに対して後悔しないことなのです。

お年寄りに席をサッと譲って、お年寄りが座れればそれでいい。
誰が見ている訳ではないけど、倒れていた自転車を起こしておいた。
スーパーの棚から落ちていた商品を戻しておいた。

他人からの見返りを求めなくても、良いことをすれば自分の心が清らかになるという見返りがあります。

誰も見ていなくても、誰に褒められなくても、
自分が良いことをしたと思えることが本当の善行なのです。


年の初めです。
今年は本当の善行を積みましょう。



東京より
白石

魂の同調とは?

ファイル 26-1.jpg

前回のエントリでお伝えしたお年玉の遠隔同調ですが、予想を超えてものすごい人数の応募がありました!!

あまりにも多かったので全員こなすには時間がかかりそうです。
1月半ばくらいまでで毎晩少しづつやっていこうと思います。

今日は遠隔同調という言葉を初めて聞いた方がほとんどだと思いますので、どんなものなのかを簡単に説明しておきます。


魂のリプライで僕が「相談者の魂に触る」と表現していますが、魂というのは空間を超越して飛ばすことが出来ます。
もちろん自在にコントロールできる人はそうはいませんが、僕はなぜか出来ます(笑)

僕の魂は僕の肉体を抜け出して、瞬間的にターゲットの魂を捕捉します。
そして魂が発する波長・硬さ・振動などの情報を読み取ることで、その魂の持ち主がどのような性格で、いまどのようなことを考えていて、問題があるのならどこにあるのか?というようなメッセージを感じ取ります。

ただ魂というのは、常に動き回っていてとてもせわしないものです。
ジーと静かにしている魂というのはほとんどありません。

動き回る魂を捕まえて情報を読み取るのは難しいので、僕の場合はどうするかというと、まずその魂の出す波長とは真逆の波をぶつけます。
これは高級なヘッドホンなどにある「ノイズキャンセル」機能と同じ原理なんですが、一時的に相反する力で包み込むことで、その魂の激しい動きを止めてしまうわけです。
これが魂の同調ですが、まあリーディングのテクニックのひとつです。

同調をして魂の活動を落ち着かせてあげると、僕が離れてもその後しばらくはその落ち着きが続きます。
日々の生活でいずれ元には戻ってしまうんですが、通常生活なら1~2か月くらいは持続しますので、その間は精神的にも落ち着きを保てたまま過ごすことが出来るようになります。

冷静に自分の未来設計をしたり、勉強も頭に入りますし、性格的にも優しくなりますので人間関係で問題がある人は修正期間にしてみてもいいでしょう。

黒カルマの浄化や、魂を柔らかくするわけではありませんが、1年の始まりを落ち着きを持ってスタートさせたいと思う人には有効です。

尚、こちらから何時いつ魂を飛ばすとかの連絡はしません。
メールを頂いた順に、毎日一人5分くらいづつ同調していきます。

魂の眼がすこし開いている方の場合は、もしかしたら僕を感じ取ることが出来る方もいるかもしれません。
その場合はあまり緊張しないように、鼻から息をゆっくりと吸って、ゆっくりと吐き、力を抜いて僕を受け入れてください。
今回は同調させるだけで特にリーディングすることはありませんので、あなたの魂を落ち着けたらすぐに去ります。
ほとんどの人は通常は気付くことはないと思います。

でも折角ですから、僕を感じ取れている人には魂を一度だけポンと叩いて去ることにします(笑)
一瞬体が熱くなって、宙に浮く感覚を味わえるかもしれません。

感じ取れる人はいるかな?



東京より
白石

謹賀新年

あけまして、おめでとうございます。

皆さんが平穏無事に一年を過ごせますよう お祈り申し上げます。


白石


(本日より三日間のみ白石よりお年玉です)

ご希望者には白石が魂の遠隔同調を致します。
同調は黒カルマ浄化ではありませんが、魂を落ち着かせることが出来ますので、一年のスタートをフラットな魂の状態でスタートさせたい方はメールでお申込み下さい。
volforce@gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メール題名 遠隔同調希望
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
氏名
性別
生年月日
現在の居住地(町名までで結構です)
任意ですがブログの感想などを頂けると嬉しいです

smiling again