記事一覧

魂の大実験を解説してみます

こんにちは、白石です。

先日の『魂の大実験』に参加してくださった方々、どうもお疲れ様でした。
おかげさまで素晴らしい現象を確認することができました。
また結果についても、なにしろ参加下さった人数がかなり多かったので、まだすべての考察が完了はしていませんが、すでに納得のできそうなものが得られています。

近いうちに詳しい結果を発表できるのではないかと思っています。おたのしみに(笑)


さて本日は、先日の実験がいったいどのような効果を狙い、どのような意味合いを持って行われたものなのかを簡単に解説してみたいと思います。

ただ実験内容はメールで参加希望者の方にだけしかお伝えしていないので、このブログを読んでも解からないという方もいらっしゃると思います。
そこで簡単に説明したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(実験名) 多人数型チャネル融解法

(実験概要) 人間が潜在的にもっているチャネリング能力を活用し、多人数で同時交信することで魂の融解を目指す。

(実験手順)
①あらかじめ設定された日時(夜間)に月を見ることが出来る場所に移動する。
②設定時間の間、現在同時に月を見ている人物の幸福を願い、クラウンチャクラ(頭頂部)を開放して想いを飛ばす。
③想いを飛ばすと同時に、他の参加者からの想いをクラウンチャクラで受信する。

(実験の意味)
この実験では人間が潜在的に持っている魂の交信能力を活性化させることで、一度に多くの人から幸福を願ってもらうことが出来ます。
他人から幸福を願ってもらえるという行為には、魂を浄化し悦ばせる力があり、魂の持つ潜在的な能力を引き出す効果が期待できるようになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今回の実験についてそのアイディアを思いついたのは、2013年の1月で、僕がまだバンコクに住んでいたころです。
当時、すぐにこのSSSでもそのことを書いたので、まだ覚えている方も多いと思います。

ご存知のように、僕は黒カルマの浄化や魂の健康化について、長年、研究をしてきました。

もう今から10年以上も前になるんですね。2004年に人生の道に迷ったら読むサイト~smiling again~というホームページを置き土産にいったん霊能師を引退しましたが、その数年前から継続して続けてきた研究です。

特に僕の場合は、『魂こそがすべての現象の根源となるもの』という確固たる根底がありますから、まさにそこ一点に集中して研究を重ねられたことが、火山パワーのヴォルフォースの発見についてもそうですけど、良かったのではないかと思っています。

霊能の仕事も、僕には前世などは見えませんし、口寄せなども出来ませんが、
でも魂の分野だけは日本を代表するくらいのエキスパートでありたいと常に思ってきました。

そうした初志があったので、リタイア前も後もこの問題だけは絶え間なくアイディアを膨らませ、仮説を立てながら試行錯誤を繰り返してこれた原動力になっていた気がします。

そしてついに閃いたのが、まさに今回の実験だったわけです。


この実験の肝となるのは、大勢が同時刻に一斉に意識を一点に集中させることで、魂によい刺激をあたえて活性化させるということにあります。

実は魂は他人から優しい刺激を受けると、活性化して活発に働き出す性質があるんです。

魂が極小さなエネルギー体の塊だということは以前からお伝えしてあることですが、魂は他人からの「思いやり」のような優しい接触を受けると自ら強いエネルギーを発します。
そのエネルギーは魂自身の修復や、肉体へ好適な反応を示すので、たとえば黒カルマの浄化につながったり、肉体(脳)に対する良い効果が期待できます。
また思いやりを送った方の魂にも同じような良い効果が見られるのです。


愛情や思いやりのような優しい意識には、魂だけでなく肉体の生命力をもコントロールするだけの力があります。

以前このブログで、赤ちゃんに愛情を注がないで育てると死んでしまうという話しをしたことがありますが、
思いやりや優しさの効果とは、怒り・恨み・妬みの魂をぶつけることで、黒カルマが発生し、肉体が朽ちていってしまうのとは逆の効果といえます。


人の念や想いや意識には、こういった力があることは僕には過去の経験から判っていました。
この世界で20年以上も仕事をしていると、様々な事案や現象に出くわします。
そうした経験の中から、魂の持つ本当の力について感じ取ってきたことを解明・証明していきたい。
僕は常にそう考えてきました。

超常現象 秘められた未知のパワー
今回、参加希望者の方に実験詳細のメールを送ったところ、ある読者の方からメールをいただきました。
そして大変に興味深い情報を提供してもらったのです。

それは2014年の1月にNHKのBSで放送されたドキュメンタリー番組についての情報でした。


僕はこの番組は見たことがなかったのですが、内容的にとても面白そうだったので、NHKオンデマンドでさっそく視聴してみました。
そしてとても驚きました。

もし興味がある方は、ぜひ見てみてほしいのですが、まさに僕が今回行ったような実験に近いことを世界的な科学者や博士たちが過去にも実験・解明を行ってきているのです。
もちろん目的は違うのですが、結論や考え方として非常に似ているものが多くありました。

たとえば特に僕が注目したもので、人間の意識は量子に影響を与えるという話しがありました。

量子とは、地球上の物体をとことん細かくしていくと、最後にたどりつく物質のことです。(電子や光子や素粒子なども量子です。)

そしてこの量子には面白い特徴があります。
たとえば物体をすり抜けたりするんですが、一番驚くのは『量子もつれ』という現象です。

ファイル 86-1.jpg
これは、量子と量子をぶつけるんです。するとそのペアはどんなに離しても(それこそ何千キロ、何万キロと離しても)お互いに情報を共有し合い、片方がなにか影響を受けると、離れた場所にあるもう片方の量子も同時に同じ影響を受けるという現象が起こるのです。不思議ですよね。

でもこの現象は科学的に証明されていて、すでにこの分野ではノーベル賞も出ています。
しかも『量子もつれ』は時間をも越えて相関関係を持つという発表もされていて、これはテレポーテーションやタイムマシンにも繋がる本当に楽しみな分野なんですが、番組ではこの量子を使った乱数発生器という装置が出てきます。

この乱数発生器はどういうものかと言うと、箱の中で量子を一つずつ壁に飛ばします。
そして壁をすり抜けた量子は1とカウント、はじき返された量子は0とカウントするんです。
これを50:50の割合で0と1が出るように壁の厚さを調整します。

これで何事も無ければ、何年間でも50:50の同じ割合で0と1が出続けるようになります。
ところがこの乱数ですが、ある事象が起こると極端に大きく偏った数字を出すようになるのです。

これはアメリカのプリンストン大学の心理学者 ロジャー・ネルソン博士によって『地球意識プロジェクト』という名で、世界20カ国に乱数発生器を設置して24時間体制でデータを取り続けている実験です。

そしてその事象とは、大勢の人間が一斉に意識を集中させた時なのです。

ファイル 86-2.jpg
ちなみに9.11の同時多発テロのときには、世界中の乱数発生器が一斉に大きな乱れた数値を観測しています。
そしてその乱れは数日間続いたそうです。

ファイル 86-3.jpg
ネルソン博士は
「人間の意識と量子には密接な関係があり、人間の意識が極度に集中すると乱数の偏りがみられるようになる。」と説明しています。


また番組では、臨死体験などについても科学的な視点から分析していて、とても面白く興味ある内容に仕上がっていました。

ファイル 86-4.jpg
宇宙物理学のロジャー・ペンローズ博士とアリゾナ大学の宇宙物理学・意識研究センターのスチュアート・ハメロフ博士は、脳で生まれる意識は宇宙世界で生まれる素粒子より小さい物質であり、重力・空間・時間にとわれない性質を持つため、通常は脳に納まっている。
しかし心臓が止まると脳から出て拡散する。蘇生した場合は脳に戻る(臨死体験をしたと言う)が、しなければ意識情報は宇宙に在り続けるか、若しくは別の生命体と結び付いて生まれ変わるのかもしれない。常識を超えた現象は、量子で説明できる可能性がある。という仮説を立てています。

こういう著名な科学者の実験結果や仮説を聞くと、やはり僕が皆さんに伝えてきていることは間違っていなかった、とあらためて確信できますね。


僕は十数年前から、魂は小さなエネルギー体の集まりで、そのエネルギー体は意識下で時空を超越して飛んでいき、健康や運気などを含めて様々な影響を与える、と説いてきました。

ただ、僕は科学者ではないので、そのエネルギー体が量子であるという証明はできませんでしたが、科学的に言えば、魂はもしかしたら量子のような質量の非常に小さい物質の一種なのかもしれませんね。
というのも、魂と量子の作用には共通点が多くありますから。

今回の実験も、たしかにこの『量子のもつれ』という現象で仮説を立てることは可能です。

皆さんが一斉に月を見ながら、同時に月を見ている人の幸せを願うことで、魂という量子を飛ばし、それがぶつかり合うことで“量子もつれ”のペアとなる。
量子もつれによって相関関係を形成し、お互いを思いやる優しい想いが同時に互いを修復し合い、活性化し合うという仮説です。

こういう仮説、なんとも興味をそそられませんか?
ぜひ証明してみたいですね。


霊や魂と、科学はお互いに否定しあうものだと思っている人が多いと思いますが、僕はこの二つの分野はどちらも否定しないで来ました。
それはやはり、霊能もいつか科学で解明・証明される日が来るのではないかという、漠然とですが予想が出来たからです。
やはり最終的には、科学も非科学も真理の元に収れんしていくはずです。


なぜ僕は魂が見えてしまうのか?
なぜ僕は魂を飛ばすことが出来るのか?

なんとなくですが、その答えの一端が見えてきたようで、このNHKの番組はとても興味深かったです。
教えてくださったTさん、ありがとうございます。


ちょっと話しが長くなりましたが、今回の実験の裏付けとなる解説をしてみました。
実験結果についてはまたお知らせします。


※来週はいよいよバリ・アグン巡礼です。クリスタルの注文はそろそろ締め切りです。



東京より
白石

魂の大実験 特設会場

あらためまして、明けましておめでとうございます。

真夏のバンコクから寒い東京にもどり、暖房の前から離れられない白石です(笑)


さあ本日いよいよ来てしまいました!
『魂の大実験』当日です。
本日21時(夜9時)から、総勢307名の同士とともに、未だかつて無い世紀の大実験を行います。

みなさん準備はできていますか?
ぜひもう一度、僕が最初に送ったメールを読み直してやり方などを復習しておいて下さいね。

お天気は全国的に快晴とはいかないかもしれませんが、比較的よいお天気の地方が多いようです。
東京はよい感じです。

スタートまで現時点で1時間半くらいになりましたが、僕も緊張してきました。
さっきからトイレばかり行っています(笑)

外で参加する人は、忘れずにトイレに行ってから出かけるようにしましょう。
途中でトイレに行きたくなると集中できませんからね。


では後ほど、このエントリのコメント欄でお会いしましょう。



東京より
白石

バンコクにいます

ファイル 84-1.jpg

久しぶりのバンコクからの更新です。
日本は寒いと思いますが、こちらはプールで泳げるくらい暑いです(笑)

いまはクリスマスシーズンなので、あちらこちらでクリスマスソングが聴こえますが、タイのクリスマスは汗をかきながら聴くものなので風情はありません。
それでもツリーやイルミネーションなどのデコレーションは日本よりも力が入っていて、夜になるとバンコク都心はきらびやかで眩しいですね。

せっかくなのでバンコクの写真をボチボチと追加更新していきましょうか。
見た目だけでも暖かくなってもらいましょう(笑)


ところで大実験エントリーしそこねた方けっこういますね。
手元にタブレットしか持ってきてないので返信が間に合うか微妙ですが、希望の方は送ってください。
ただし返信が間に合わないかもしれませんので、それでもいいという方だけにしてください。

ファイル 84-2.jpg
ここはサイアムというバンコクの渋谷・原宿的な場所です。
水族館や映画館までが入っている巨大なショッピングセンターがいくつも連なっています。
深夜まで若い人たちでにぎわっています。

ファイル 84-3.jpg
エラワン交差点に隣接するセントラルワールドというショッピングセンターで毎年恒例になっている巨大クリスマスツリーです。
小さくて見えづらいかもしれませんが、真ん中の警備員の左脇に小さく見える人達がツリーの根元にいる人です。
ハンパじゃないデカさです。

ちなみにバックのショッピングセンターは、2010年に政府と反政府を支持する人たちで激しいデモが発生して、その争いの中で大部分が燃やされてしまったのです。
伊勢丹なども隣接されているので、日本でもニュースになっていましたから憶えている人もいるかもしれません。
でも今は完全に元通りになって、以前と変わらぬ賑やかさを取り戻しています。

ファイル 84-4.jpg
バンコク都内をくねくねと蛇行するように流れているチャオプラヤー川は、農業用水として、あるいは運搬の水路としてタイの発展を下支えしてきた重要な河川です。
また観光にも大きく寄与していて、リバーサイドには有名なオリエンタル・バンコクをはじめとする高級ホテルが立ち並び、夜になるとディナークルーズを愉しむ、きらびやかに電飾されたボートが行き交います。

川の水は、アジア特有の濁ったカフェオレ色ですが、でもそれがいかにもアジアらしい味があって僕は好きですね。







バンコクより
白石

魂の大実験 参加者大募集!!

ファイル 83-1.jpg

だいぶお待たせしてしまいましたが、お伝えしていた『魂の実験』についてのお知らせです。

魂の“ひらめき”を得ました

実はあれから小規模での実験を重ねてきたのですが、どうやら一定の効果が得られるのではないかという結論に至っています。
そこで来年の年明けになりますが、この実験に参加していただける方をこちらで募集して『魂の大実験』を行いたいと思います。

まあ実験と言ってもそんな難しいことはありません。
どなたでも、どこにいても参加できます。

参加希望で具体的な詳細を知りたいという方は、volforce@gmail.comまで、件名に「魂の大実験 詳細希望」と書いてメールを送ってください。

ある程度まとまった時点で、一斉送信にて詳細メールを返信します。
詳細を読んでみて参加してみたい方は、そのメールに従ってエントリしてもらう流れになります。

(注意)Docomo au SoftBankの携帯電話のメールアドレスから送信をしようとお考えの方は、PCメールからのメールを受信拒否していると、こちらからの送信メールは届かないですので注意してください。
どうしても携帯からしかメールを送れない方で、受信許可の設定の操作に自信がない方は、YahooやGoogleやGooなどにアカウントを作って、Webメールで送るようにしてください。
メールの不達に対して個別に再送信する余裕がありませんのでお気をつけ下さい。

参加人数があらかじめ想定している数に達した場合は、募集を締め切りますのでご了承ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もうひとつお知らせです。

半年に1度の例のモノですが、今月11月22(土)から予約の受付けを開始する予定です。
今年は年末年始を久しぶりのバンコクで過ごす予定ですので、若干例年より予約開始を早めました。
今回は特に男性の方から希望が多かった、大きなモノも用意しています。
いつも通り、このブログのプロフィールと告知欄からの入場です。
お考えの方は気にとめて置いてください。

 ↑↑↑

知らない人が見るとヤバそうな感じです(笑)

“瞑想”知らぬは一生の損 part2

ファイル 82-1.jpg

こんにちは、白石です。

さて、今回の『魂の智見』は、“瞑想”知らぬは一生の損 part2です。
前回のエントリからすこし時間が経ってしまっていますので、ぜひpart1を読み直してから戻ってきてもらえればと思います。

“瞑想”知らぬは一生の損 part1

前回は瞑想が人にとって良いものであるというザクッとしたお話ししか出来ませんでしたが、今回からより具体的なことについてお伝えしていきたいと思います。


さて、まずこの疑問から。

そもそも、いったい瞑想とは何なのでしょうか?


一般の雑誌・ネットなどのメディアでも最近は“瞑想”が紹介されることが多くなってきました。
しかしその内容を見てみると、大体どこも同じなんですが、瞑想することによって得られるメリットを中心とした紹介の仕方になっています。

心が落ち着き、集中力が増し、ストレスが緩和され、健康な肉体になる、などなど。
こういった精神的・身体的なメリットが得られる瞑想はすごい、といった感じですね。

こういう紹介が多いので、どうしても皆さんは、たとえば筋肉や関節を伸ばすことで身体の調子を整える“ストレッチ”の同列ような、一種の“健康法”として瞑想をとらえている方が多いのではないかと思います。

もちろん、ひとつの健康法として瞑想をとらえることは、取っ掛かりとしては悪いことではありません。

しかし、そこはこのSSSの読者の皆さんですからね(笑)
ここはもうひとつ奥にある瞑想の本質を理解したうえでスタートしてほしいところです。
そうすれば、より瞑想のすばらしさや効果を深く感じとることができ、そして長く続けることができるはずです。


瞑想は健康法ではありません。
瞑想をすることで得られる肉体的・精神的メリットは、単なるオマケのようなものであって、決して目的ではないのです。

では瞑想をする目的とはいったい何なのか?

それを理解するためには“瞑想”をこうとらえればいいでしょう。


瞑想は“魂の睡眠”である。


ふんふん、なに?余計わからなくなった?(笑)

いやSSSを熱心にお読みいただいている読者の方でしたら、僕の言うことは何となくでも理解できるはずです。


魂の睡眠


魂は肉体という“上物(うわもの)”を一時的に支配しているだけのオーナーだということは、以前からお伝えしてきたことです。(この辺を理解できていない人はこのあたりのエントリを読まれるといいでしょう。)
魂と心の違い

じつは魂はとっても働き者なのです。

魂にとっての仕事、それは自分が担当した肉体を長く生かすことですから、基本的には不眠不休で24時間365日働き続けています。
肉体が朽ちて動かなくなるまで、つまり死ぬまで働き続けているのです。

肉体は働き続ければ、だんだんと疲れが溜まり、正常な状態が保てなくなってきますよね。
でもこれは、魂もしかりだということなのです。魂だって疲れが溜まるのです。


肉体は疲れが溜まると眠りにつくことで回復に努めますが、魂の場合は基本的に不眠不休で活動しています。

たとえ肉体が睡眠中であっても、人間は夢を見て、呼吸をして、血液を体内に循環して体温を保ち、内臓を動かして、寝返りを打って、完全にその活動を止めることはありません。

これらの生命の維持は、その根源に魂の働きがあるということなのです。
魂がその活動をやめるときは、つまり人間の寿命を意味します。

そう、あなたの心臓は勝手に動いているわけでは無いということ。

今ドクドクと波打つように動いていている心臓は、魂があなたの肉体に宿っていて、今この瞬間もしっかりと働いてくれているという証なのです。

どうですか?
すこしは自分の魂を大事にしようと思いましたか?


多くの人は肉体の健康ばかり心配し、気をつかい、お金をつかい、時間をつかって、何とか健康を維持しようと必死になります。

やれ「これは身体によい食物だ!習慣だ!健康器具だ!」といった具合です。

ほんとに僕に言わせると愚の骨頂なのです。


人間の健康を保つ上で、魂ほど いの一番にケアしなければならない存在はありません。

魂が健康であって、はじめて肉体は正常に機能しようと活動しますが、一般の方で魂の健康を気にする人はほとんどいないのが実情です。
魂をおろそかにしてしまうことが、すべての元凶になっている事実を知らないのです。



疲れた魂を、すこしの間、休ませてあげることができる“技”

それこそが“THE 瞑想”なのです。
思わずTHEをつけてしまうくらい、瞑想は魂にとってのご褒美になります(笑)


よく言われる瞑想によって得られるメリット、精神集中や疲労回復やストレス解消やら、、、
こんなものは実は小さい小さいことであって、魂が休息を得られたことによる、ほんのささいな好結果のひとつに過ぎません。

瞑想の本質はそこではなく、魂が一息つけることでその活力がグンと増すこと、パフォーマンスが高く維持できること。
それこそが重要なのです。

魂のパフォーマンスが上がれば、肉体の維持力だけでなく、魂自体の防御力にも違いが出てきます。
黒カルマに汚染されることに対して、抵抗力も上がります。

それは人生の正しい道を歩むために必要な“決断力”や“勘”の強弱にも係わっていきます。


アップル創業者のスティーブ・ジョブズやマイクロソフトのビル・ゲイツ、マドンナやイチローなどの成功者と呼ばれる人たちが、瞑想に取り組んでいるのも、単に言われているメリット以上のものを得られていることに気付いているからなのです。


などと瞑想の本質についてつらつらと書いていると、今回もやっぱり文章が長くなってしまいました・・・。

「なんだ、具体的な瞑想方法を教えてくれるんじゃなかったの?」

こんな声も聞こえてきそうですが、慌ててはいけません。

まずは瞑想がどれほど人間にとって有効なものなのか?
これを理解していないと単なるちょっと面倒な健康法くらいのレベルでしか瞑想を受け止めることができないのです。
正直、それでは長く続かないでしょう。

魂は文句も言わずに、毎日働いてくれていますが、ある日いきなり壊れてしまうパソコンのように、知らず知らずのうちにバグが溜まっていたりするのです。

瞑想はメリットを得るためのものではなく、デメリットを無くすためのもの。
そういう思いではじめることで、結果としてメリットも生まれてくるのです。

次回の魂の智見では具体的な瞑想方法を“必ず”やります(笑)



東京より
白石

smiling again