記事一覧

新型コロナウイルスに負けないために

ファイル 109-1.jpg

こんにちは、魂の研究家 白石です。

皆さん、不安な日々をお過ごしのことと思います。
ご存じのように、目に見えない小さなウイルスが、あっという間に全世界をパニックに陥れました。
現在は日本でもニューヨークやイタリアのような状況になってしまうのかの瀬戸際というところですが、今後の感染数の増加を踏まえ、今のタイミングでお伝えしておこうと思います。

新型コロナウイルスが怖いです。感染しない方法はありますか?

かなりの方からメールで同じようなお問い合わせをいただきました。
自分や家族が感染してしまうのではないか?いや、もしかしたらすでに感染しているのではないか?
先のみえない不安と恐怖で、重度のストレスを感じてしまっている人も多いことでしょう。

僕は医者や細菌学者ではありませんので、生物学や医学的な方面からのお話はできませんが、魂の研究家として長年、生命の仕組みを研究してきた立場から分かっていることをシェアしたいと思います。

ウイルスや細菌と呼ばれるものですが、これら一つひとつのウイルスや菌も生きている生物ですから、当然、魂が宿っています。
ただ、この場合は魂という言い方は当てはまらないかもしれません。
一個のウイルスに宿るエネルギーは魂といえるほど大きなエネルギーではなく、生命エネルギーを帯びているというレベルのものです。
電気に例えるなら、安定した電圧・電流のものではなく、静電気のようなレベルだと考えるとわかりやすいでしょう。

しかし、だからと言ってもちろん看過できるものではなく、生命エネルギーの宿命ともいうべき繁殖(増殖)という本能をしっかりと持っています。

すべての魂はその受け皿となる体を求めるというのは、以前お伝えした通りですが、ウイルスのような極小の生命体であってもそれは同じなのです。
むしろ目的がその一つに絞られているので、本能に忠実で機械的。
単純でシステマチックがゆえ増殖スピードの速さは驚異的です。

しかもウイルスは、細菌などに比べてその増殖スピードが速く、インフルエンザウイルスなどは1個の細胞から24時間以内に1000個のウイルスを作り出すとも言われています。

ウイルスはそれ単体では生きられませんから、人や動物の細胞に侵入する必要があります。
そして細胞内で爆発的に増殖していくわけですが、厄介なのは、増殖時に細胞本体のエネルギーを取り込んでしまうことです。
細胞内で自らのコピーを作り出し、そのときに細胞内に含まれる生命エネルギーを自らのエネルギーとしてしまいます。

増殖コピーされたウイルスはどんどん健康な細胞を侵しはじめ、どんどん生命エネルギーも乗っ取られていきます。
これはつまり“魂の乗っ取り”ということです。

ただ魂自体も指をくわえて、これらの侵入を受け入れるわけではありません。
異なるエネルギーを持つ侵入者を排除しようと肉体に命令し、免疫機能を働かせて、ウイルスを排除する仕事をするわけです。

しかしコロナウイルスで重症化してしまう人と、軽症で済む人がいます。
この差は何なのでしょうか?

世間では高齢者や疾患のある方が重症化しやすいという情報が伝えられています。
もちろん、この情報は間違いではありません。

でも魂学的に答えるなら、年齢や疾患の有無よりも魂の生命エネルギーの強さの差が重要なキーとなるのです。
若いから軽症で済むのではなく、魂が健康であるかどうか?が重要なのです。
結果として若い方のほうが魂の損傷が少ない方が多いわけです。

魂の健康については、このSSSで散々説明してきたのでここでは割愛しますが、高齢であっても魂のエネルギーの強い人は重症化しませんし、逆に、若くても魂が不健康な人は重症化してしまいます。
いうなればコロナウイルスと、自分の持つ生命エネルギーの強さ対決が勝負を分けてしまうということです。

ということを踏まえて、新型コロナウイルスから自分を守る方法ですが、
まずは物理的に遮断することが何より大切です。

マスクや手洗いうがいは、皆さん実践していると思いますが、まずは体内に取り込まないことに勝る方法はありません。
出会わなければ戦う必要がないからです。

そのうえで、万が一に備え、魂を今以上に弱めないことが大切です。

魂のエネルギーがパワーダウンしてしまうと、もしウイルスと闘わなければならない状況、つまり感染してしまったときに免疫システムが弱体化してしまいます。

そうならないために、魂のパワーダウンを防ぐという意味で注意喚起しておきたいことがあります。

『最近イライラ、そわそわしていませんか?』

毎日テレビで繰り返されるネガティブニュースや、自由な生活が制限されていること、経済的な理由などで、肉体的にも精神的にもストレスが増してきていることでしょう。
ついイライラして不安定な気持ちになっている自分に気付いたら、それは魂の危険信号です。魂が弱体化することはウイルスにとっては思うツボなのです。

イライラそわそわしている自分に気づいたら、そのたびに自分のエネルギーレベルが下がってしまっていることを自覚しましょう。

自宅にいる時間も長くなってくると、ついつい気になってテレビやネットなどでネガティブニュースを見続けてしまいがちです。
しかしあまりネガティブに流されすぎないように気を付けてください。
悲しいニュースが続きますが、悲しさや不安に心を捕らわれ過ぎてしまうことは危険です。

政府や自治体の発表など生活に関する情報は必要ですが、過剰に負の情報を得ることはおすすめできません。
ニュースやワイドショーは1日に一番組チェックするくらいで充分です。
どの番組も同じようなニュースを繰り返しているだけですからね。
連続的な心へのダメージは、魂へのダメージにも繋がります。
テレビをご覧になるならバラエティやドラマなど、楽しい気分になるものを見るようにしましょう。

今後、もし自分が運悪く感染しても、ウイルスに打ち勝つだけの強い魂を準備しておく必要があります。
ウイルスの為にわざわざ魂力を弱めてしまう必要はないのです。
暗く先が見えない状況だからと言って、自分から暗闇に身を置こうとしてはいけません。

平常心でいること。
これが大事なのです。

たとえ暗闇に飲まれそうになっても、この闇はかならず晴れると信じて、自分の魂に明かりを灯してください。

今後の感染状況によっては、もしかしたらロックダウン等で自宅待機を強いられるような状況になるかもしれませんが、その場合でも、普段得ることのできない時間をプレゼントされたとポジティブに受け止めて、その時間を有効的に使い、今後の自分の向上のために使うことをおすすめします。

家にいても出来ることは意外に多くあります。
外国語を勉強してみたり、制作活動をしてみたり。
今までやりたかったけれど出来なかったことをしてみましょう。
今後のために今のうちから準備しておくといいですね。

僕は研究結果の発表に向けて、毎日ひたすら制作作業に勤しんでいます。

みんなの魂に元気をあたえたい。
それが僕の今の光です。


東京より
白石

白石再始動と研究結果のおしらせ

ファイル 108-1.jpg

みなさんお久しぶりです。白石です、お元気でしたか?

あまりにも更新しないので、みなさん、白石はネットでの活動を終えたのだと思ってる方もいるみたいで、たまにメールでも「長い間お疲れ様でした」みたいな慰労メールを頂いたりして(笑)
いや辞めてないですけどね、、、単に気まぐれなだけなのです。

最近は更新していなかったのでSSSから離れてしまった人も多いことと思いますが、アクセス数を見ていると意外にも横ばい状態なので、新たに読まれている方も結構いらっしゃるみたいですね。

もともとセミリタイア後にリリースしたHPが2004年ですから、現時点でネット活動を開始してから、すでに16年くらい経過したのかな?
魂の研究者として、魂のあり方をお伝えするという啓発活動をしてきた身としては、HPと このSSSを通じて、かなりの方に魂のことを知識として知って頂けたのではないかと思います。

魂の存在、魂の健康のこと、生活上における魂の保護、こういった一般の方が知っておいた方が良いと思われる必要最低限の知識を得られる場として開設しましたから、当初の目的の半分は達したかな? とういうことで更新ペースを落としたわけですが、実は自分自身 長いこと腑に落ちていないのです。

魂の特性などを知っておくだけでも、知らない人に比べれば長い人生で大きな差が出るくらい、魂の健康面には好影響を与えることが出来ます。

でも所詮、知識としての情報レベルのことなので、最終的に魂に良いことを実践出来るのかは、個々の決断と行動にゆだねられます。

持続性をもって継続できる人ならばよいのですが、三日坊主で終わってしまう人や、分かっているけど面倒で続かない、って言う人も多いはずです。

また、知識として実践出来ることは あくまで魂の健康状態を維持するための予防でしかありませんから、現時点で魂に障害を抱えてしまっている人にはあまり効果がありません。

その辺は僕のなかでもモヤモヤしているところで、果たしてこの情報を公開することに意味が有ったのだろうか?と考えることも少なくありませんでした。

出来ることなら、誰もが“気軽”に“安全”に“無料”で、思い立った時に魂の修復やケアが出来るようなシステムを開発することが出来れば良いのに・・・。
そういう想いから、いつか実現すべく魂の研究を20年以上続けてきたわけです。

仮説を建てては実験してみる作業を何度も繰り返してきて、過去にはこのブログでも、皆さんに実験参加を呼び掛けて、大規模な実験をしたこともありましたね。
魂の大実験 特設会場(2015-01-05)
あれから、もう5年もたったのか・・・

あのとき参加してくださった方、本当にありがとうございます。
結果は、残念ながら思っていた効果は出ませんでしたが、ああいった大きな実験が出来たのも、このブログを立ち上げたからこそなので、そう考えると僕の進んでいる道は間違っていなかったのかな?とも思えます。

前書きが長くなりましたが、結論を申し上げますと、
長い研究の結果、今回、魂の修復に効果がみられるシステムを開発することが出来ました(笑)

誰もが簡単に無料で試せることが出来るので、皆さんにぜひ参加をして頂きたいのですが、残念ながらまだ世に出せるほど準備が整っていません。

今、毎日コツコツ作業をしていますが、お披露目まではまだ時間がかかります。
何とか暑くなる夏前には完成させたいと思っていますので、楽しみに待っていてください。

また、完成後、一般公開する前にSSS読者の方だけプレオープンとして一足早く試してもらえる場を用意する予定です。
これは本番前の予行を兼ねていますので、希望者の方だけとなります。
先着何名かにになると思いますので、その告知も含めて、進展がありましたら、またここでお知らせします。

それでは。


東京より
白石

魂の健康を保てていますか?

お久しぶりです。白石です。

SSSの最後の記事から1年9カ月ほど経ちました。
みなさん元気にお過ごしでしょうか?

魂にやさしい生活を送れているかな?

久しぶりの投稿ですが、じつはこれと言って特にお知らせすることもないのですが(笑)
個人的にメールを頂ける方も多くいて、たまに皆さんのことを思い出しては、

黒カルマを増やしていないかな?
魂を労われているかな?
未来に花咲く、上質なカルマの種を撒いているかな?

などと勝手に心配しています。

1人でも多くの人に、このSSSを通じて人生をより良くする方法を伝えることが出来ていたのなら良いのですが、人というのはとても忘れやすい生き物なので、今でも日々実践できている人が何人くらいいるのかな?と考えると、うーん、、、どうでしょう。

魂は健康になると、人生に、想像以上の弾みと勢いをもたらしてくれるようになるんですが、なかなかそこの域まで達する前に忘れてしまったり、サボってしまったりと、心の弱さに飲まれてしまいがちです。

継続は力なりと言いますが、誰に褒められなくとも、感謝されなくとも、認められなくとも、自然な気持ちで他人を労わる気持ちを持てたなら、きっとその種は近い将来に様々な形で花を咲かせ、あなたの人生を彩ってくれることでしょう。

たまにこのSSSの過去記事を見直して、どんな生き方をすれば、魂が健康に保てるのかを確認してみましょう。
きっと忘れていたことあると思います。

上質な毎日は、上質な魂の維持があってこそ実現出来ます。
もしあなたの毎日の質が落ちているのなら、きっと今日から生き方を見直すことで、いずれ持ち直すことが出来るでしょう。
魂をグレードダウンさせないことが、なにより重要です。

怒らず(いからず)、驕らず(おごらず)、妬まず(ねたまず)

毎日をやさしい気持ちでお過ごしください。


白石

アグン山の噴火による対応について

問合せを多くもらっています。
先日お知らせ致しましたが、ただ今、バリ島のアグン山が54年ぶりに噴火活動を活発化させています。

麓住民には避難勧告が出ている状態ですので当然登山も禁止となっています。

毎年、1月と7月にアグンのパワーをいただきに、山頂に半年間埋めた水晶を回収する登山をしてきましたが、残念ですが2018年1月の登山は断念せざる得ません。

アグンの噴火については、このブログでも何度も言及していたことなので、それほど驚きはないのですが、まあこればかりは仕方ありませんね。

噴火の度合いについては報道がそれほどないので、実際のところについては不明ですが、おそらく水蒸気爆発が継続的に続いている状態ではないかと思われます。

山頂の状態がどれほどのものなのか?
前回埋めた水晶は次回、回収出来るのか?

これについては、現地に行ってみないとなんとも言えない感じです。
そもそも次に山頂に登ることが出来るのが、一体いつになるのか全く予想がつきませんが、おそらく回収は難しいかな?と予想しています。

マグマ噴火ではないとしても、あれだけ水蒸気爆発を繰り返すと、相当な量の溶岩が降り積もっているでしょうから、人力で掘り起こすのは無理です。

というわけで、もし登山が再開出来ても、新たに埋めに行くだけで回収はさらに半年後。
登山解禁までの年数プラス半年という、大きなタイムロスが出ることになりそうです。

いやあ、今年の7月にアグンクリスタルを手に入れた方。
その石は最後のアグンクリスタルになったしまったかもしれません。
とんでもなく貴重な石になってしまいましたね。役目を終えても捨てずに大切にして下さい。

そういうことですので、今回は予約は休止とさせて頂き、今後どういう形にするかは、色々と考えてみようと思います。


東京より
白石

魂の劣化を見逃さないために

ファイル 105-1.jpg

最近、妙に怒りっぽくなった。
気が付くとイラッとしている。
なにかと理屈ぽくなった。

このような変化に気付くことはあるでしょうか?

30代、40代、50代、歳を重ねるにつけ性格が怒りっぽく、どんどん攻撃的になっていく人がいます。
我に返ると、本当にささいなことで腹を立てている自分に気付くのです。

昔の自分はもっとやさしかったと思う。

こう過去を振り返って、冷静に自己診断できる自分もいます。
しかし、自分の感情をコントロールする能力が落ちている自分にも気付いているのです。


目の前で赤信号につかまった。

エレベーターの扉を閉めたら、閉まる寸前に他人が乗り込んできた。

降りない階のボタンを間違いで押された。

買おうとしていたものが目の前で売り切れた。

レジに並んだら、前の客の支払いが遅い。

こういう小さなアンラッキーってよくあるシチュエーションですね。
こうした日常によくある偶発的な小さな不運に見舞われた時に、舌打ちしちてしまったり、イライラッと来てしまうことが増えている自分に気付いたのなら、それは魂の黄色信号なのです。

どんどん悪化してくると、お年寄りや子供の行動に対しても寛容になれなくなってしまいます。

とにかくイライラしっぱなしで、気に入らないことには声を出して文句が言いたくなる、もしくは実際に言ってしまう。
冷静になればどうってことないような小さなことにも、異常に執念を見せてしまうのです。

また、怒りの元となるものは
過剰なまでの“正義心”が原因となることもあります。

「それは間違っている!」

一度こう思うと黙っていられないのです。
それが赤の他人であっても、正義は自分に有ると信じているので、とにかく相手を正したい一心でひとこと言いたくなってしまう。
実際に口にするのはためらったとしても、インターネットやSNSの世界ではかなり攻撃的な言葉を発する人も多いのです。

自分を基準として物事を測りだし、自分にとっての正義を押し売りしたくなってくる。自分が正しいことを他人に分からせてやりたくなる。

それは一歩間違うとクレーマー化したり、身近にいる人に、そのイライラをぶつけてしまい、大切な人間関係を破壊してしまったりといった惨事にも繋がります。

小さなことを、客観的に小さいことと認識できなくると、それは赤信号です。 
小さな火種を見つけると、自分からどんどん煽り、火が大きく燃え広がっていくのです。
結果として日常的に火事が増えていきます。

若いときはそんなに怒りに振り回されることがなかったはずなのに、なぜ年齢を重ねると怒りぽっくなってしまう人がいるのでしょうか?

その一番大きな理由は、魂の劣化です。

魂が萎縮し、硬くなってくると段々と魂のパフォーマンスが落ちてきます。

具体的には、他人の魂との距離感がつかめなくなってくる。相手の魂の波動を感じ取れなくなってくるのです。
肉体に例えるなら、目が見えなくなってくる。耳が聞こえなくなってくる状態です。

もし自分の目が見えなくなってきて、音が聞き取れなくなってきたら、どういう行動をとるでしょうか?
真っ暗闇の中では、スタスタと歩くことは出来なくなります。声を掛けられても誰だか認識できなくなります。
常に及び腰になり、自分に触れるものに対して100%の信用など出来なくなるでしょう。

つまり魂が守りに入るのです。
傷付けられることを恐れるがあまり、逆に攻撃的になってしまう。
自己防衛本能が高まり、撃たれる前に撃ってしまえ!という暴走状態になってしまうのです。

こうなると人間関係が崩れていくのはあっという間です。

本当は受け入れなくてはならないのに、攻撃こそが最大の防御とばかりに人を傷付けてしまう。
どんどん黒カルマがたまっていきます。
自分を守ろうとするがゆえに、さらに攻撃的になっていく負のスパイラルです。

魂の破滅、精神の崩壊、最悪は犯罪行為へとエスカレートすることもあります。

そうなる前にどこかで気付き、どこかで改善が必要なのです。
意識的に争いを避ける、衝突を回避する、魂をやわらかく保つ努力。

肉体は年を取るが、魂は年を取りません。魂は永遠のものだからです。
しかし、肉体からの間違った取り扱いで魂はいとも簡単に劣化してしまいます。

まずは何よりも魂を劣化させない生き方が大切なのです。
魂を痩せさせない、黒カルマを増やさない生き方は、今日からでも出来ます。

乾いてボロボロになったゴムのように、劣化させてからでは遅いのです。
黄色信号が灯っていると自分で判断できるのなら、まだ十分に修正できます。

イラッとしたときに、そのイラを冷静に分析できるでしょうか?
なぜ自分はイラついたのか?を冷静に振り返ることが大切です。
釣られた魚のように、飲み込んでしまった針をもがきながら外そうとするのではなく、なぜ飲み込んでしまったのかを時間をさかのぼって考えてみる少しの余裕。その余裕が張りつめた糸のテンションを緩め、針を外すことが出来るのです。

いつでも自分が正しい、自分のタイミングが中心、他人の間違いや失敗を許せない。
こういった思い上がりが、他人を傷つけ、そして自分をも傷つけます。
自分が知らないところで、他人をイラつかせ、傷付け、火種を起こしているかもしれません。

自分は常に間違っている、自分は何も知らない、自分は偉くない。
一歩引いた謙虚な思いが、余裕となり、他人との衝突を回避していく。
弱い犬ほどよく吠えるとは良く言ったもので、結局、怒りとは、自分の弱さの現れなのです。


宇都宮より
白石


追伸:ニュースでご存知の方もいるかもしれませんが、バリのアグン山がいよいよ危険な状況になってきたようです。
ここのところ山頂付近での火山性地震が増加したようで、インドネシア火山地質災害対策局(PVMBBG) が警戒レベルを最高レベルの4へ引き上げました。
また、地域住民の自主退避も始まっているようです。
現在は噴煙が上がっていて、当然、山頂付近への立ち入りは禁止されていますから、もしかしたら近々50数年ぶりの噴火があるかもしれません。
インドネシアは多くの島が連なって出来ている国ですが、これらの島はバリ島を含めて環太平洋火山帯の島です。
このブログでもたびたび取り上げていますが、ここ最近もシナブン山、ガマラマ山、リンジャニ山と立て続けに噴火しました。リンジャニはバリの隣のロンボク島にある火山です。
これらは地下でつながっているでしょうし、同じプレートの上にありますから、まあアグンを含め、インドネシアの数ある活火山はどれがいつ噴火してもおかしくはありません。
仮にアグンが噴火した場合はしばらくは山頂への登山は出来ないでしょうし、多分7月に埋めてきた水晶も回収は不能になるでしょう。
おそらく来年1月の登山は中止となりそうですから、そういう意味でいうと7月の水晶は、もしかしたら最後のアグンクリスタルだったのかもしれません。
しばらくは注視していきたいと思います。

ページ移動

smiling again